■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
        -2018年1月15日
 猫種  エジプシャンマウ

 名前  蓮(れん)
 性別  男の子
 生年月日  2017年10月27日
 猫種  エジプシャンマウ

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
猫退院、その後
※ 本日の写真は去年のクリスマスの頃の写真です。

前回に引き続き、経過をダラダラ~と書かせていただきます。

6980.jpg

先週の土曜日13日の夕方、陵を迎えに行きました。

動物病院でK先生から、入院中の様子を伺いました。

まず、食事はまだ自分から食べようとはしていないこと。
ヨダレが少し出ていること。
土曜日の朝、呼吸が少し荒くなったため、レントゲン写真を撮ったこと (* ̄。 ̄*) この検査の件に関しては、入院前の説明の時に、「何かしらの検査をする際には事前に連絡します」と説明を受けて、「その時に私が携帯に出なくても、陵に必要な検査は、私の連絡を待たずに検査してもらってかまいません」と伝えてあります。

レントゲンですが、胸部の異常はまったくありませんでした。一緒に、腰の写真も撮ったのですが、こちらのほうも問題がありませんでした。

ただ、夕方になってもまだ呼吸が少し早い状態です。
心臓の音などに問題はないのですが、鼻を広げて呼吸したり、口で呼吸したりしたら、酸素室に入ったほうがいいかもしれないとのことでした。

この状態で、退院するかこのまま入院続行するか、K先生と検討しました。
食事や薬を100%確実に与えられるのは、やっぱり病院です。
ですが、陵のメンタルを考えると入院続行は中止したほうが良さそうです (* ̄。 ̄*) 診察室で、「にゃー」ではなく「あーおあーお」と鳴きっぱなしなんです。

給餌方法を聞いて帰ってきました。

玄関からリビングまで、ちょっとガニ股気味に走っていきます。
何となく後ろ足に力が入っていないようです。

6981.jpg

写真のベッドにへたるように倒れてしまうと、そのまま動こうとしません。
たまに「あーお」と鳴いてゴソゴソと動きます。
さらに、たまに「あーおあーお」と鳴き続けると、興奮してしまうのか、口呼吸になってしまうくらい呼吸が荒くなってしまいます。
だいたい、1分くらいでおさまるので、その間は撫で続けていました。

6982.jpg

14日日曜日。
朝は、病院から購入したシリンジを使って、ウエットを与えてみました。
薬を併せて少しだけ食べることができました。

ただ、動くことができないらしく、朝のおしっこはその場でしてしまいました。
夕べから、陵の寝床になりそうな所にはペットシーツを敷き詰めてましたので、上にあるタオル交換だけで済みました。

お昼に台所まで這うように歩いてきたため、試しにと、カリカリを口の中に放り込んでみました。
そのまま、40グラム食べることができました。
一緒に、お水も少し流し込めました。
この時、猫トイレに自力で入り、おしっこすることができました。1回トイレから出て、なぜかもう1度トイレに入り込みその場にへたりこみます。

夜は、薬を飲みつつ、カリカリを少しだけ。
軟らかいほうが食べやすいかと思って、カリカリをお湯でふやかしてみたのですが、撃沈でした。

呼吸はやっぱり荒いです。
1秒1呼吸くらいになっています。ときどき興奮するのか、鳴きながら口呼吸になってしまいます。

6983.jpg

15日月曜日。
朝、薬とカリカリ50グラムとお水。
ちなみに、投薬ですが、入院前は仰向けに抱き上げて口に放り込んでいましたが、今は抱き上げるだけで興奮して口呼吸になってしまうため、お水カリカリ2粒お水お薬ひとつ、お水お薬ひとつカリカリ3粒お水という具合に、騙し騙し口に放り込んでいました。
お水で流し込んでいたためでしょうか、苦いお薬も頑張って飲めました。

やっぱり呼吸は荒いまま、ときどき鳴いていますが、興奮するまでにはなりませんでした。

6984.jpg

そして、私が夜に帰宅すると、いつもの寝場所から虹の橋に渡った後でした。
17才と0カ月30日。

私がいない時を狙っていたのは、陵らしいといえば陵らしいです。

6985.jpg

少し落ち着いてから、動物病院へ電話をすると、まだK先生が残っていました。
2~3分興奮しながら陵の話をしたせいか、私自身、今は落ち着いています。
たぶん、この2~3日である程度覚悟していたということもあります。

あとは葬儀の会社に電話をして、きちんを陵を送り出そうと思っています。

にほんブログ村 猫ブログへ  今日の夜、あったかいタオルで体を拭いてあげようと思っていたんだよ、陵。

日常生活 | 23:40:09 | Comments(3)
猫入院
陵くん、本日、食欲不振のため入院しました (T_T) メソメソメソ。
説明がうまくないので、経過をダラダラ~と記入させていただきます。

6977.jpg

お正月から6日までは、朝と昼間の分は食べるものの、夜になると1口2口食べるだけでした。
ただ、陵の好きな缶詰を開けた夜は、もう少し食べてました (* ̄。 ̄*) それでも少なかったですけどね。

7日土曜日は、さらに昼間の分を半分以上残すようになってしまいました。

8日日曜日。
朝は大丈夫だったのですが、昼間のスープを1口舐めて終わり。
この時点で動物病院へ行くか迷ったのですが、よく眠っていることに加えて、寝姿がダラリ~ンって感じでわりにリラックスしていたことからもう少し様子を見ることにしました。

6978.jpg

8日月曜日になると、今度は朝ごはんも拒否するようになってしまいました (* ̄。 ̄*) しかも、それまでは、ごはんのお皿の前まで来ていたのですが、陵のベッド(↑上の写真)から動こうともしません。

お水は飲めていたため、おしっこは朝と夕方に出ていました。
嘔吐はまったくなかったのですが、8日の朝だけ、胃液を吐いていました。色がまったくない透明の液体だったため、胆汁とかは出ていないようです。
寝場所もあちこち移動するため、食欲を除けば、いつもとまったく変わらない状況です。

ですが、さすがに動物病院へ連れて行きました。

この時点での体重は4.12㎏。
触診視診では異常なし (* ̄。 ̄*) 顔つきはしっかりしてるねと言ってもらいました。(私もそう思ってました)

この日は、ビタミン剤と投薬できなかった分のステロイドと念のための吐き気止めを点滴で入れてもらいました。

点滴が効いたのか、この日の夜には数粒のカリカリを食べてくれました。

6979.jpg

9日火曜日の朝。
数粒のカリカリを口にしたため、あとは陵に任せてみようかと仕事に行ったのですが、帰宅してみると、用意しておいた食事は放置状態でした。

10日水曜日。
仕事を休んで動物病院へ (* ̄。 ̄*) 体重は4.0㎏まで落ちてしまいました。
陵の表情はそれほど悪くありません。

月曜日と同様の点滴をしてもらっているときに、入院のお話が出ました。
迷ったのですが、一昨年の入院時にケージの端っこに丸くなって、ごはんも食べないのでは逆効果にならないか心配でした。
K先生もその辺は承知してくださっていて、もう少し様子をみましょうかということになりました。

この日は、さすがに絶食が続くと肝臓に影響が出てきてしまいかねないため、強制給餌になりました。
看護士さんにシリンジで口の奥にウエットを入れてもらったのですが、その都度「にゃっ」とか「あにゃ」とか声が出てきます。

強制だけあって、やっぱり猫にしてみたら苦しいんでしょうか? と訊いてみたら、たいていの猫さんは声が出るそうです。
本当に嫌がる子は逃げ出す場合があるとのことでしたが、陵の場合、保定されていない体は逃げようとはしませんでした。

翌日11日木曜日。
やっぱり食べようとしません (T_T) 午前中は休めなかったのですが、午後はお休みをいただいて動物病院へ行きました。
この日の体重は4.02㎏。
入院の件をK先生と話し合って、土曜日までという期限付きでお願いすることにしました。

それまでに食欲が多少でも戻れば良し。
また、戻らなかった場合、正直、これ以上の休暇は取れそうもないため、私が給餌を行うことにしました。
そのためのレッスンも土曜日に受けてきます。

できれば、ど不器用なままから給餌は受けなくても済むように、多少なりとも食欲が戻りますようにと祈るばかりです。

にほんブログ村 猫ブログへ  お正月に、猫本棚に用意したお年玉に入っていたところを本日発見しました。それが、今日のいいこと。

日常生活 | 21:47:45 | Comments(4)
注意の方針
1月4日から仕事が始まりました ( ̄∇ ̄;) いやあ、休み明けってダラけっちゃって駄目ですね。4日と5日は座り続けるリハビリみたいなものでした。
この三連休で復活しなくては。

のんびりしようと思っていたのですが、陵の食欲が芳しくありません。

食べに来るのですが、「なんだ、これか」って感じで立ち去ってしまいます (T_T) 最近は、ピュリナで調子良かったんだけどなあ。
味が合わなくなったとか、飽きたとかなんでしょうか?

若い頃はW/Dだけで良かったのに。

そんな時、某ねこの雑誌で「シンプリーキャットフード」の広告があったため、申し込もうと思ったのですが、あまり評判がよろしくなかったため断念 (* ̄。 ̄*) 何か探さなくっちゃ。

6973.jpg

正月早々に、こんな暗い話もなんだから、もうひとつ違う話題を。

6974.jpg

我が家の携帯充電中の様子です。

6975.jpg

陵が午前中の寝床に使用しているキャリーケースが奥にあります (* ̄。 ̄*) 充電中の携帯は手前という近さですが、ケーブルをイタズラすることはありません。

興味はもちます。

顔を近づけてくることは度々ありますが、それでも、噛んだり引っかいたりすることはありません。

私の方針ですが、ギリギリまで様子を見て、陵が手を出しそうなところで注意するようにしています。
最初から駄目って近づけないようにしてたら、結局、何が駄目なのか理解しないかなと思って、猫自身に考えてもらえおうかなと考えているからです。

考えてくれると、後々、人間も楽だしという打算もちょっとあります。

6976.jpg

それが良かったかどうかはわかりませんが、コンセント関係へのイタズラは皆無です。

あと、ティッシュペーパーの引き出したりするイタズラもないなあ (* ̄。 ̄*) あれは、ティッシュが口に張り付くのがイヤだったらしく、すぐやめっちゃったんですよね。

イタズラ防止といっても猫はしつけられない動物だし、何より私よりも長い時間家の中にいて魂胆を練る時間がたっぷりある猫に人間はかないっこないんだから、お互いに探りあいしていくしかないです。
というのが、私の結論です。

にほんブログ村 猫ブログへ  夕ごはん、何を出したら食べるかしら? 

日常生活 | 09:03:59 | Comments(1)
おめでとう2018
あけましておめでとうございます。
新しい年を迎えて心機一転 (* ̄∇ ̄*) どんな年になるか、もうドキドキです。

(少し盛り上げてかないと、4日の現実が重くなってしまいそうです)

6964.jpg

今年は、2年ぶりに日枝神社へお参りに行ってきました。
去年一昨年は私の都合で行けなかったんです (* ̄。 ̄*) その前の年は、行った時間が11時(午前ですが)と遅かったため、人人人の混雑プラス目当ての土鈴が買えなかったんですよね。

6965.jpg

今年は2個購入しました。

6966.jpg

陵くん、ご挨拶してください (*^_^*) いつものお鼻チューをお願いします。

6967.jpg

そして、陵へのお年玉の用意をします (* ̄∇ ̄*) まず、猫本棚の下を片付けます。

6968.jpg

それから長方形のクッションを置きます。

6969.jpg

カーテンを取り付けてできあがりです。

その後、「ここへは入ってもいいよ」という説明をして、実際に入っていただきました。
ふふふ (= ̄▽ ̄=) 出てきたところを激写よ。

6970.jpg

飛び出してきたところを激写してしまったため、ドアップになってしまいました (  ̄っ ̄) ち。失敗です。

使ってくれるといいのですが、どちらかというと、「絶望」がつくぐらい潜るのが下手な猫だから、どうかな?
一応、片側は隙間を開けて入りやすくしておくつもりですが…… (* ̄。 ̄*) クッションより厚手のバスタオルのほうが喜ぶかもしれないな。

6971.jpg

別のクッションの上から、私が一生懸命に「ここ入れるからね」という熱い説明を聞いています。

6972.jpg

あんまり真剣ではありませんが…… ( ̄∇ ̄;) そのうち使ってみてね。

にほんブログ村 猫ブログへ   去年に引き続き、陵ともども、今年もよろしくお願いします。

日常生活 | 22:43:28 | Comments(0)
もうすぐ2018年
もう少しで2018年です。

大晦日の今日、東京では雪が降りました ( ̄∇ ̄;) とは言うものの、パラパラチラチラと白いものが空から降ってきたという程度のものでしたが。

6959.jpg

寒かったから、陵も、暖かい半纏かまくらから出てきません。

6960.jpg

亀状態です。

6961.jpg

2017年が何とか無事に過ぎようとしています。

この1年、動物病院へ行くための外出が増えてしまったため、土曜日の午前中は、私を警戒するのが常になってしまった陵ですが、動物病院では先生や看護士に爪も牙も出さないから、いっぱい誉めてもらっています。

私のほうはといえば、1年間毎日朝晩2回のペースで陵に投薬を行っているのですが、ちっとも上達せず、ときどき苦い薬を陵の舌の上に乗せてしまい泡を吹かせてしまっています。
来年は、もっと上達するように精進しなくては。

6962.jpg
6963.jpg

2018年の準備良し (* ̄∇ ̄*) 楽しいこといっぱいありますように。

にほんブログ村 猫ブログへ   みんなで、良い年を迎えましょうね。

日常生活 | 23:19:53 | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad