■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
 猫種  エジプシャンマウ

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
なつかれた
4861.jpg

今日は金曜日 (⌒∇⌒) 1週間頑張ったので、おいしいパン屋さんで、明日の朝食用においしいパンを買って帰ろっと。

4862.jpg

というわけで、パン屋さんへ。
乗り換え駅の建物の中にあって、しかも改札の前にあるパン屋さん (⌒∇⌒) さらに、味が評判なので、けっこう混んでいます。

店内に入ると、目の前をひらりっと何かが。

よく見ると、トンボです。

4863.jpg

どうやって入ったのかというより、どうやって出るつもりなのか考えてますか、トンボさん?

どうしようかなと考えていると、私の周りを飛び回るので、つい手を出してしまいました。

4864.jpg

     こうやってでちか?

手を出したら、なぜかとまりました。

パンを置くトレイを手にしていたので、パン屋さんの自動ドアから手だけ出して、手をひらひらと動かし、トンボに飛んでもらいました ( ̄∇ ̄;) さぞ、怪しい人に見えたと思います。

4865.jpg

パンを選んで、レジに並びます。

お会計の順番がもう少しというところで、またひらりと……って、さっきのトンボが戻ってきましたっ ∑( ̄ロ ̄|||) たぶん、さっきのトンボだと思います。入り口の近くで飛ばせたから、また入ってきてしまったんでしょう。

4866.jpg

そして、なぜか、また私の左手の上にとまります。

そのときに、お会計の順番が く( ̄△ ̄)ノ どうする? このトンボ?

右手で持っていたトレイを店員さんに渡し、「この子、外に出してきていいですか?」と言うと、「は?」と首をかしげる店員さん。

「このトンボ」と右手で指差すと、納得したようです。
笑ってました。

急いでお店の外へ。

今度こそ外へ行くように。もう知りませんよ。

と心の中で説教しつつ、トンボに飛んでもらいました。

4867.jpg

子供の頃、トンボの目の前で指をくるくる回して、おとなしくなったところで、回していた指をトンボの足元に置くと、指に乗ってきてくれてました。

そんな記憶を思い出した金曜日でした (〃'∇'〃)ゝ そして、ちょっぴり恥ずかしかったです。

にほんブログ村 猫ブログへ   今日はトンボのお話でおしまい。

日常生活 | 23:24:46 | Comments(1)
コメント
トンボが手に止まるなんて、珍しいですね~。我が家の庭にもいますが、すぐ逃げてしまいます。
時たま、そうやってガラスなど分からずに、入ってしまい、出られなくなることが虫にはあるようです。
前の勤務先で、ツバメが室内に入ってきて、グルグル回っていたりしてました。中々出られなくなってしまうんですよね。
人助けならぬ、虫助けでしたね。
2012-08-12 日 16:53:12 | URL | エンヤ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad