■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
 猫種  エジプシャンマウ

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
入れない
3942.jpg

コンタクトレンズケースを洗面台の上に置いていると、洗面台に飛び乗った陵が物欲しそうに手を伸ばすことがありました。

でも、触ると怒られることがわかっているため、途中で手(前足)をピタッと止めて静止していました。

ときどき、意を決して手を伸ばしたときは、私にお尻をポカンとされていました。

そんなとき、手を元に戻して、「何でポカンされたのかわかりません」と態度で訴えていました。

そんな光景を見ることは、もうありません (ノ△・。) ホロリ。

行ってきました (>▽<)b やってきました、レーシック。

正直、目を触られることが苦手な私に耐えきれるのか、手術直前まで不安だったのですが、終わってしまえば、あっという間の出来事でした。

きゃー。うひゃー。うきゃー ∑(ノ▼ο▼)ノ と、心の中で叫んでいる間に終わりました。

3943.jpg

しばらくは、外出時には保護眼鏡をかけ、就寝時には眼帯をし、3種類の点眼をします。

眼帯を渡された時、これをしたら、陵に怖がられるんじゃないかと、真っ先に頭に浮かんでしまました ( ̄∇ ̄;) どこまで猫バカなんでしょうね。

手術した直後は、どこもかしこも眩しくって、目を開けていられませんでした。

家には、半ば勘で帰ったようなものです ( ̄∇ ̄;) 鼻から上が、眩しくってしょうがなかったんです。

夕方にはおさまりました。

あくまで個人差です (⌒∇⌒) その後は、よーく見えます。
ただ、近視が治った分、老眼が出やすくなるのは、しょうがないようです。



前置きが長くなって、すみません。

3944.jpg

相変わらず、こたつの中には入ろうとせず、袋の中に入るのは、なかなか自力では困難なようです。

3945.jpg

     入りたいでち。

そんなとき、陵は全身で訴えます。

3946.jpg

     この中に入りたいでち。

こんなふうに、袋をじっと見つめます。

3947.jpg

     ほらね、入れないんでちよ。

3948.jpg

     入れてくれないんでちか?

はいはい (-_-) 少しは入る努力をしようね。

3949.jpg

袋の端を持ち上げてやると、喜んで入っていきます。

3950.jpg

     ぬくぬくでち。

3951.jpg

私がそばにいる間は、こうして袋の中におさまっています。

にほんブログ村 猫ブログへ   私がいなくなると、見張り番がいなくなったとばかりに出てきちゃうんですよね。

日常生活 | 20:53:58 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad