FC2ブログ
 
■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
        -2018年1月15日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  菖(あやめ)
 性別  女の子
 生年月日  2017年9月30日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  蓮(れん)
 性別  男の子
 生年月日  2017年10月27日
 猫種  エジプシャンマウ(シルバー)

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
初ひとり受診
7083.jpg

私を見ても、お外の鳥さんは遊びに来てはくれないのよ ( ̄∇ ̄;) 蓮くん、諦めてね。

7084.jpg

台風の影響の雨で、通勤通学の方は大変だと思います。

なーんて余裕なことを言っていられるのは、本日、私用でお休みをいただいていたからです。
おかげで、まったりな朝を猫ズと過ごしています。

7085.jpg

菖はカメラがちょっと苦手。
向けられると「悪い顔」になっちゃいます。

7086.jpg

雨が降っていますが、我が家の猫ズは通常営業。
朝から走り回っています ( ̄∇ ̄;) 私が起きると、「ごはんちょうだい」よりも「抱っこして」と交互に飛び掛ってきます。
お休みの日はいいけど、出勤日の平日は猫ズの攻撃をかわして支度をしていかなくてはいけません (-_-) 朝から、けっこうハードです。

7087.jpg

蓮は、お口パカーンして眠っていることが多いです。
カメラを近づけたから目は開けましたが、まだ半分夢の中です ( ̄∇ ̄;) 「野生」の二文字は存在していません。

そーいえば、私に怒られてるときも、少しですがお口パカーンです。
心外そうな顔をしてお口パカーンされると、こちらの怒る気力を奪います ( ̄∇ ̄;) 作戦なのかもしれません。

7088.jpg

6月2日土曜日、少し前になってしまいますが、蓮を連れて、動物病院へ行ってきました。

少し前から、ちょっと下痢気味のうんちが続いていたんです。
2週間ほど前は、お腹のゆるさに我慢できなかったのか、お布団の上で出してしまいました。
その時は、動物病院からもらっていた殺菌効果のあるフラジールというお薬を飲ませたら治まったため様子を見ていたのですが、翌週には、下痢気味うんちに戻ってしまいました。

7089.jpg

菖は初ひとり留守番で、蓮は……いや、初ひとりキャリーではなくて、初ひとり受診です。

道中に鳴かれることは想定していましたが、鳴きすぎたのか、途中で口で呼吸をし始めるのは想定外 ∑( ̄ロ ̄|||) 動物病院まであと5分という所まで来ていたので、早足で病院へ向かいました。

受付で状態を説明すると、そばにいた看護士さんが蓮の状態を確認してくれました。
少し口で呼吸はしているものの、苦しそうではなかったため、もう少し様子を見てみましょうということになりました。
続くようであれば酸素室へ連れていってくれるとのことでした。

待合室で様子を見ていると、口での呼吸はおさまったものの、体の震えが止まりません。
ただ、具合が悪くて震えているというよりは、怖くて震えているという感じです (* ̄。 ̄*) 菖と一緒のときはここまで震えなかったんだけどなあ。
途中、受付の方が様子を見てきてくれましたが、口呼吸はおさまったため、このままにしておくことにしました。

15分ほどで順番がきました。

キャリーバッグから出た蓮を見て、K先生は開口一番「蓮くん、大きくなったねえ」でした。
体重も3.48キログラムと、最後の受診から1キログラム大きくなっています。

持ってきた蓮のうんちからは、らせん菌が出ていたそうです。
ただ、だからといってがっかりする必要はありません (* ̄。 ̄*) 寄生虫が出ているわけではないため、それほどの心配はいらないそうです。

その日の朝、少しだけ、うんちに血がついていました。
これは、スマホの写真で、状態をK先生に診てもらいました。

うんちに、ゼリー状のようなものはついていませんでしたか?

と質問されたのですが、そんなものを見た覚えがないため首をかしげてしまいましたが、幸い?、動物病院への道中、蓮がまたしてもうんちをしてしまったため、ペットシーツに包まれたうんちを診てもらいました。

そうなんです (*´ο`*)=3 またしても、動物病院へ来てまずやってもらったことが、うんちにまみれてしまった蓮のしっぽの掃除とペットシーツの交換だったのです。
一応、蓮のために言っておくと、お腹のゆるさがあることにプラスして、道中の鳴きっぱなしでお腹に力が入ったんだと思われます。たぶん。

話を戻しますが、そのうんちを診てもらうと、「あ、これ怪しいな。ありますね」でした。
K先生が指すところを見ると、確かに他と部分と違うテカりがあります。

このゼリー状のものがあるということは大腸のほうの炎症なんだそうです。

抗菌作用のあるフラジールと整腸剤のティアバクター錠の投薬治療となりました。

遺伝子検査のお話もありましたが、蓮の状態は、それほどのものではないため中止にしました。

7090.jpg

他の点では異常はなかったのですが、少し歯肉炎になっているとのことでした。
あ、この歯茎のところどころにある赤いとこは、そういう仕様ではなく炎症だったのかと心の中で唸ってしまいました。
ただ、治療するほどではないため、経過観察だけになりました。

ところで、蓮の震えですが、診察台にあがった途端にピタリと止まりました。

「ひとり」が怖かったんだろうなあと思っています。
抱っこできるようなスリングバッグなら、もしかしたら、もう少し落ち着いていられるのかもしれませんが、あれを外でやる勇気は私にはありません。
脱走とか事故とかの危険を考えたら、キャリーバッグでの外出が一番だと思っています。
お誕生日健診と予防接種で、年に2回は動物病院へ通う予定だから、早く慣れてくれればと願っています。

7091.jpg

菖、本格的な暑さがくるまえに、あなたも1度病院へ行っとこうか。

できれば、うんち持参で行きたいので、朝にトイレへ行ってくれるといいなあと話しかけています。

にほんブログ村 猫ブログへ   最近のブームは「おしっこは1日1回」 (T_T) 朝晩1回ずつにしてよおと頼み込んでいる最中です。

日常生活 | 15:04:16 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad