■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
        -2018年1月15日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  菖(あやめ)
 性別  女の子
 生年月日  2017年9月30日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  蓮(れん)
 性別  男の子
 生年月日  2017年10月27日
 猫種  エジプシャンマウ(シルバー)

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
お悩み相談、その後
あれ? (・_ ・) いつからそんなとこに入り込むようになったの?

7059.jpg

蓮が、壁と食器棚の間にはさまっています。
私がお休みのときは、朝からポットのコンセントを差し込んでいるから、正直、入り込み場所にしてほしくありません。

さっきまでベランダの窓から光合成してたから、暑くなって避難してきたんだと思いますが。

7060.jpg

手近な避難場所だったのね (* ̄。 ̄*) まあ、蓮は動かないコンセントを噛もうとはしないけど、一応気をつけておかないとな。
「動かない」コンセントは噛まないけど、私が作業中の「動く」コンセントには、まだまだじゃれようとします。

7061.jpg

半纏も、そろそろ洗って片付けても良さそうです。

7062.jpg

以前、記事にした菖のトイレ問題のその後です。

あの記事から1~2度、やらかしているのですが、そのたびに「次は勝つっ!!」と私は闘志を燃やしつつキッチンマットを洗っていました。

その間、ちょっと考えてみました。

私が留守のときは、きちんとトイレでおしっこできるてるし、1度きりですが、キッチンに立った私の足の甲に座り込んでおしっこしたこともあります。

そこで、おしっこの邪魔をしないようトイレに入った猫をじっと見つめたりしないというマニュアル本に書いてあるようなことを無視することにしました。

私がキッチンに入ると菖も走ってトイレに入るため、私もその場にしゃがみこんで菖を見守ることにしました。
逆効果かなとも思いましたが、トイレに入る前の菖は、私の顔を見上げて「きゃー」と鳴いてから入ります。その後、とくに嫌がる素振りをすることなくおしっこにしているため、失敗がありません
(* ̄。 ̄*) ただ、ときどき、お尻の位置が高くて、おしっこが飛び出しそうになるから、私はどきどきしますが。

7063.jpg

そういえば、陵も「見ててほしい」派だったから、菖も同じ系列かもしれない (* ̄。 ̄*) なんてことを考えたりしています。

蓮はどっちでもいいみたいだけど。

7064.jpg

あ、立った (* ̄。 ̄*) 蓮、出ておいでよ。

7065.jpg

出てきそうにない顔をしていますが、この後、「くるるっ」って鳴いて、寝ている菖へ駆け寄りました。

7066.jpg

ちょっと菖の首筋に噛みついたものの、ご挨拶のグルーミング。

菖が視線を私に送っています ( ̄∇ ̄;) 蓮が来ると、その視線が私に飛んできます。

7067.jpg

蓮は気づいているのか無視しているのかはわかりませんが。
それでも、最初の頃のように菖も唸らなくなったし、蓮もそれほどしつこくなくなったから、良好な関係ではないでしょうか。

7068.jpg

白黒のマークみたいだけど、おしい (* ̄m ̄) もうちょっと丸まってたら完璧だったのに。

にほんブログ村 猫ブログへ   ブログのタイトルを変えようと思ってはいるのですが、踏ん切りがつかなくて、まだそのままです。

日常生活 | 22:09:51 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad