■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
 猫種  エジプシャンマウ

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
篭城中
6665.jpg

絶対に何かを察している顔 ( ̄∇ ̄;) 掃除が終わったら動物病院へ点滴に行こうかと考えていたら、早々にこのキャリーケースの中で篭城されちゃいました。

6666.jpg

     いやーな予感がヒシヒシとすゆんでち。

祝日の日の血液検査の結果を、木曜日の夕方に電話で聞いたのですが、退院時の数値とあまり変わっていないとのこと。
しばらく、できる限りの点滴を勧められました。

ちょっとショックをうけたものの、肝炎は、その治療が長期化するとのこと。
「長期化」というところで、気持ちが少し浮上しました (* ̄。 ̄*) 病気になっちゃったことは事実なんだから、それを受け止めて、とりあえず治療しましょう、と。

6667.jpg

再度の入院を考えてみてくださいという話もあったのですが、ごはん食べたいと訴えてくるし、ごはんを自力で食べてるし、好きなところで寝てときどきヘソ天してるしという陵の様子を見ていると、入院させて食欲がなくなって、ごはんを強制給餌してもらって、ケージの隅っこで固まっているくらいなら、入院よりも通院のほうが精神面ではプラスなんじゃないかなと考えています。

24時間の点滴を1週間うけて肝臓を洗い流してという方法がいいのは理解しているのですが、万が一、また数値が上昇したら躊躇なく入院させるつもりではいるのですが…… ( ̄∇ ̄;) うーん。ごちゃごちゃ考えていても、あと大きな理由としては、やっぱりナナマンエンは痛いわというのも、正直あります。

6668.jpg

で、点滴をうけて帰ってきました。
体重は、3.92キログラム (* ̄。 ̄*) ほぼ、入院前の体重に戻りました。良かった。

6669.jpg

エコー検査で、肝臓の様子も見てもらいました。
まだ、管にモヤモヤがあって、入院した頃とさほど変化はありません。

これは想定内 (* ̄。 ̄*) よし。落ち込まないぞ。

獣医師の先生に、陵の様子が普段と変わらない旨を伝えると、そのまま様子を見ましょうということになって、入院の話は出なかったです。

6670.jpg
6671.jpg

これは退院時の血液検査の結果 (* ̄。 ̄*) ALTの値がまだ500超えですが、入院時の値が1000を超えていたことを考えると半分落ちているのがわかります。

6672.jpg

で、こっちが23日の血液検査の結果。
あんまり変化がありません。

投薬が効くかどうかは、まだこれからだと思います。

6673.jpg

夜、またキャリーケースの中に入っちゃいました。

動物病院へ行くとき、このまま扉を閉めてしまえばいいのでしょうが、このケースは少し重いうえに幅があるから、歩きづらいんです ( ̄∇ ̄;) このケースは、あくまでも災害とかの非常用です。

6674.jpg

この子のいいところは、何か嫌なことをされても、その後、おしっことかうんちとかの排泄物をつかっての報復をしないとこ。
そして、悪いところは、何か嫌なことをされたら、それをしばらく根にもつこと (-_-) 記憶力がいいと言えば聞こえがいいのかもしれませんが、動物病院へ行くときは厄介以外の何ものでもないです。

にほんブログ村 猫ブログへ   肝臓のサプリメントを試してみようと考えています。

日常生活 | 22:44:03 | Comments(1)
コメント
数値がいきなり改善ってことは無さそうですが、陵くんがごはんも食べて
お家で安心して過ごせているようで、一先ずホッとしました。
入院のストレスで食欲が落ちたり、強制給餌は避けたいですよね。
入院中ケージの隅っこで・・・なんて想像しただけで、こっちが泣きたくなるし、心配で夜も眠れないわ!

陵くんのことは和kazuさんが一番わかっているんだから、数値だけに振り回されず、見守ってあげられたらいいと思います。
・・・と偉そうに、ごめんなさい。○┓ペコリ

陵くんが辛い思いをしないように、穏やかに過ごせますようにお祈りします☆

※賢い陵くんの籠城が可愛くて、ちょっと笑っちゃいましたw
2016-11-29 火 15:07:25 | URL | ヒヨ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する