■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
 猫種  エジプシャンマウ

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
肝が冷えた事件
我が家のガス湯沸かし器の調子が悪かったので、業者さんに点検&修理を依頼しました。
その間、陵はずーっとここで、ベランダで作業中の業者さんの姿をガン見……もとい、見守っていました。

6281.jpg

先週の土曜日の話ですが、ちょっと肝が冷えた事件が起こりました ( ̄∇ ̄;) 今はもう、何ともないので笑って話せますが。

掃除している最中、私のある行動が、動物病院へ行くときの準備に、陵には見えたようなんです (-_-) たぶんですが、おそらく間違いないと思います。
で、プチパニックを起こしたんです。
私に対して、「行きたくないよ」アピールの声を出して鳴くもんだから、何を勘違いしてるのって感じで抱き上げようとしたのがマズかったんです。
私の腕から逃げ出して、猫ステップを駆け上がって…… (-_-) そこから落ちたんです。

どういうふうに足元が滑ったのかは、その瞬間は見ていなかったのですが、ちゃんと着地したのは、さすが猫。
ただ、その後、右後ろ足を引きずり出したんです Σ( ̄ロ ̄lll) ぎょっとしました。最悪、骨折したかとも思いました。

抱きかかえて、しばらく右足に手を当てて様子を見ていると、陵の様子が落ち着いてきました。
そっと床に下ろすと、足を引きずることなく歩くことができました。
ほっとしましたが、油断は禁物ということで、土日は観察してました (* ̄。 ̄*) 機会があると、陵の右後ろ足に触っていました。
痛がる様子もなく、日曜日には普通に遊んでいたので一件落着……となっていた月曜日の夜。
猫トイレに入ろうとしていた陵が、トイレのふちに右足をぶつけました。

「痛い」と鳴き続ける(いつもと違う声です)に、陵の右足に手を当てて、とりあえず落ち着かせようと声をかけていました。

この時点で、おしっこをさせてから、動物病院の夜間診療を受けようと決心していました。

私の……と言うか、陵の通っている動物病院は、当直の先生がいらっしゃるので、緊急の診療は引き受けてくださいます。
電話しようと陵から離れようとすると、痛がって鳴くので、とりあえず落ち着くのを待っていました。

静かになった時点で手を放して、猫トイレに誘導します。
もう、鳴かずに、おしっこをして猫トイレから出てくる様子は、もう通常状態。

あまりの普通の様子に、その日は動物病院へは行かず、ひと晩様子を見ることにしました。

それ以降、痛がる様子もないし、マッサージがてら足に触っても大丈夫。
ということで、動物病院へは行っていません (・_ ・) この私の判断が正しいか間違っているかは、すんごく悩みました。

6282.jpg

人間も、たまにどっかにぶつけて「痛い痛い」と泣きますが、病院へは行きません (* ̄。 ̄*) 骨折とかは別ですが。
これと同じに考えていいのか?

とか。

動物は敵に襲われちゃうから、痛みがあっても痛がる素振りは見せないとかいう状態なのか?

とか、いろいろな考えがグルグルしていたのですが、部屋の中を走り回ったり、猫ステップに駆け上がっている様子は演技じゃないと思ったので、病院へのストレスを排除しました。

6283.jpg

これと同じくらいの高さの、別の場所の猫ステップから落ちたんです。

結果的に無事で良かったです。

にほんブログ村 猫ブログへ   シルバーウイークが始まっていますが、同時に、私の夏休みも始まりました。(今日まで、夏季休暇をとっておいたんです)

日常生活 | 16:43:55 | Comments(1)
コメント
わおっ(;´∀`)肝が冷えなくて本当に良かったです!
陵ちゃん、勘違いして、行かなくても良い病院へ
行かなきゃいけないとこだったんですね!

怪しい行動、陵ちゃんが見えるくらい
まあるも似てるとこがあります(;´∀`)

小さな毛布とか持つと、嫌な声を出して逃げます。
早い早い。ススッスーって。

大事に至らなくて良かったです^-^
2015-09-21 月 03:26:21 | URL | ちゃっぴー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad