FC2ブログ
 
■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
        -2018年1月15日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  菖(あやめ)
 性別  女の子
 生年月日  2017年9月30日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  蓮(れん)
 性別  男の子
 生年月日  2017年10月27日
 猫種  エジプシャンマウ(シルバー)

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
菖の日・1
7275.jpg

9月30日。
本日は菖の日です O(≧▽≦)O 菖ちゃん、1歳のお誕生日おめでとう。

7008.jpg

我が家に来た当初は、↑ こんな感じでした (* ̄。 ̄*) あんまり変わってないような……。

7276.jpg

そうでもないか。
当初は、耳ばかり大きくて目立ってましたが、体の成長とともに、バランスが良くなってきてますね。たぶん。

7277.jpg

動き回るのは相変わらずです ( ̄∇ ̄;) 落ち着いた写真が全然撮れません。

7278.jpg

撫でられた、声掛けられた、目があった、等など、さまざまなゴロゴロスイッチがあり、一度スイッチが押されると、簡単にはゴロゴロが止められません。

休日はいいんだけど、仕事に行かなければいけない平日の朝にスイッチが入ると、かわすのが大変です。

7279.jpg

「きゃー」と鳴いています。
「にゃー」に聞こえなくはないのですが、高音のせいか、「にゃー」には聞こえません。

そのうち、ビデオに撮って、楽しみたいと思っています。

7280.jpg

蓮とはべったりという関係ではないのですが、ケンカ仲間で、イタズラ仲間で、ときどきくっついて一緒に昼寝しちゃう相棒で、いい関係を築いていると思っています。

7281.jpg

蓮。
夜は一緒に「ハッピーバースデー♪」を歌って、ディナーと洒落ましょうね。

にほんブログ村 猫ブログへ   1歳かあ。

日常生活 | 13:11:32 | Comments(0)
去勢手術・その後のその後
敬老の日の連休は、異常なし。
痛いよショボンとか、カラー嫌だ暴れてやるとか、そういったことがありませんでした。

7266.jpg

連休明けの朝、「今日は、普通に仕事なのよねー。もう少しで目覚ましが鳴るわねー」と布団の中でぬくぬくとしていたら、カランカランという音とともに、猫ズが遊んでいる気配が聞こえてきました。

まーたトイレの砂を出してサッカーしてるな。

と、思ったんです。

よく、猫トイレの砂を出しては、サッカーボールのように転がして遊んでいるんです (* ̄。 ̄*) 脱線ですが、そんな時、必ず1粒しか出しません。
肉球を使って、上手に1粒だけ出します。

枕元まで駆け込んできた猫ズを叱ろうと起き上がり、カランカランの音の正体を発見
∑( ̄ロ ̄|||) 蓮のカラーじゃないの!?

外したのか外れたのかはわかりませんが、猫ズが蹴飛ばして遊んでいるのは、まぎれもない事実。
慌てて、装着し直しました。

そしたら…… ( ̄∇ ̄;) 嫌だ嫌だと首を振ったり体を振ったり。
まあ、気を取り直して、ごはんでも食べなさいと出すと、「カラーがあるから、ごはん食べれない」とばかりにカラーの内側をザリザリ舐めます。
そのうち、お水を飲もうとして、「カラーがあるから、お水も飲めない」と、またしてもカラーの内側をザリザリ。

昨日までできたことが、何故、今日できないのと思いながらも、ザリザリ演出を見ていると、私が仕事で家を出たら、カラーを外すためにどういう無茶をするか未知数な怖さがあったため、思い切って外してしまうことにしました。

幸い、そのときのタマタマの傷も目立たないし、赤みのほとんどが取れてきているというラッキーも後押ししました (* ̄。 ̄*) いや、ほんとは、それでも駄目なことは承知してはいるのですが。

7267.jpg

菖も、一緒に、カラーを外しました (*^_^*) 長期間、よく我慢できました。エライね。

でも、もう1週間は、皮膚の保護のためにレスキュークリームを塗っておこうね。

7268.jpg

夏の間、使用していたインド綿のラグ。

7269.jpg

まだ、1シーズンしか使用していないのに、猫ズのツメトギ攻撃を受けて、思い切りダメージを受けています。

7270.jpg

こたつを出したときに敷いてから、洗濯しようっと (* ̄。 ̄*) 我が家の9キロの洗濯機に入るかしら?
穴が開くまで、何シーズンもつかしら? と、ちょっぴり自虐的です。

7271.jpg

クリーニングから帰ってきたラグを敷きます。
綿100%の素材感が出てるっ O(≧▽≦)O 足の感触がサラサラです。依頼して良かった。

またしても脱線ですが、クリーニング業者が我が家にやってきたとき、猫ズは、逃げ惑いました。
あれ? ちょっと前まで来客OKだったのに、一体どこらへんから変化したんでしょう?

7272.jpg

そして、手術から1週間が経過。
手術跡悪化といったこともなく、時が過ぎました ( ̄∇ ̄;) 悪化したりしないか、感染したりしないかと、いろいろ気をもみました。

7273.jpg

堪え性がちょっとないのよね。
仔猫だから? 若いから? 性格かしら?

歯を触られたりとか爪切りとか、一般的に嫌がるものに関しては、抱っこなどの密着度さえあれば耐えることができます。

カラー装着の我慢は、猫個人の問題だから、他との密着ないものね (* ̄。 ̄*) と考えたりしています。
だから、その辺も考慮して、菖に、ちょっと長めにカラーしてもらっていたのに。
菖とお揃いだよ的な感じで、ごまかされないかと (〃'∇'〃)ゝ 連帯感みたいな?

7274.jpg

まあ、終わり良ければという結果に終わって良かったです。

にほんブログ村 猫ブログへ   無事にひと段落したら、ここ最近の気温の低さも手伝って風邪をひきました。せっかく申し込んでいた手話イベントをドタキャンしてしまいました。

日常生活 | 15:43:29 | Comments(0)
去勢手術・その後
7255.jpg

だいぶ落ち着いています。
小さなこと (* ̄。 ̄*) 例えば、菖がふいに横を通るとか、私が蓮の体にいきなり触るとか、普段なら全然気にしないことにびっくり驚いていた蓮ですが、翌日にはそれがなくなりました。
この日の朝は、ずーっと抱っこを強要されていましたが ( ̄∇ ̄;) 祝日で良かったです。平日だったら、仕事に行けなかったわ。

意外と神経質なところを発見して新鮮だったけど、これからどんな大人になるか次第ですが、蓮に、入院は無理だなと感じさせられた2日間でした。

7256.jpg

首まわりを気にしていると言えば気にしてはいますが、市販のものよりは嫌がって外そうとする気配がありません。

どん兵衛のカラーもつくっていたから着けてみようかなと思ったりしたのですが、せっかく落ち着いているのを邪魔するのもね、と考え直しました。

7257.jpg

もしかしたら、菖の様子を見てるから安心感があるというのも若干あるかも…… (* ̄。 ̄*) と考えるのは、考えすぎかもしれない。

7258.jpg

菖の傷ですが、蓮が舐めているのを発見して慌てて止めたのですが、見ると、カサブタがすっかりなくなっていました。
蓮が舐め取ったようです。

綺麗に、皮膚だけの状態になりました。

7259.jpg

ありがとね、蓮くん。
綺麗になったけど、菖には悪いけど、念のため、もう少しだけカラーを着けておいてもらおっと。

7260.jpg
7261.jpg
7262.jpg

顔をキレイにしようとして……、

7263.jpg

その手が舐められなかったり、

7264.jpg

指が2本、余裕で入るくらいにゆったりと装着しているのですが、首周りの毛のせいか、ちょっと窮屈そうに見えることがあったりしていますが、おおむね順調です。

7265.jpg

早く、取り外し予定の金曜日にな~れ。

にほんブログ村 猫ブログへ   菖の傷(もうないけど)は、皮膚保護のためにレスキュークリームを1日1回塗り塗りしています。

日常生活 | 15:46:39 | Comments(0)
去勢手術
7244.jpg

まず、菖の左耳下の傷ですが、前回記事で、「透明なカサブタ」と表現したのですが、その後、その部分がゴソッと落ちてしまいました ∑( ̄ロ ̄|||) たぶん、後ろ足の爪があたってしまったと思うんです。
全体的にカサブタだったようです。
その下は、まだ細かい傷がいくつかありました。

7245.jpg

そこで、後ろの爪が完全にあたらないよう、クリアファイルを再度チョキチョキ。

この長さだと、食べるのも飲むのも困らないし、多少の毛繕いはできるから、菖のストレスの少ないはずです。

7246.jpg

ただ、菖本人は、あちこちにガッツンガッツンぶつかっても、平気で歩いているから、メンタル強いのかもしれません。

蓮の手術当日、菖の傷をスマホで撮った写真で、K先生に診てもらいました (* ̄。 ̄*) 現在、米粒ほどのカサブタは残っているものの、その他の傷は完治しているようです。
カラーを外すタイミングを確認すると、そろそろ外しても大丈夫なのではないかということでした。

7247.jpg

蓮くんの去勢手術は無事に終わりました。

術前検査では、ALP値と無機リン値がちと高かったのですが、成長期でも高くなるため問題なし。
血清リパーゼがほんのちょっと低めだったのですが、お水を飲む量で変化するため、こちらも問題なし。
歯茎の赤みも、口腔内にそれ以上の異常がなかったため、こっちも問題なし。

手術当日の体重は、3.7キログラムでした。

手術当日に連れ帰ってOKなのですが、諸事情により、ひと晩、病院でお泊りとなりました。

菖が避妊手術のときは、菖不在を寂しがった蓮が騒いでいましたが、その逆は騒がないんじゃないかと思っていました。
確かに騒がなかったのですが、菖の甘えっぷりが凄まじく、ゴロゴロが鳴り止みませんでした。
途中、「ゴロゴロの止め方、知ってる?」と、思わず訊いてしまったほどです。

7248.jpg

翌日の午前中に、お迎えに行ってきました。

診察室で再会すると、蓮が、鳴きながら私に飛び乗ってきました。

K先生に入院中の様子を訊くと、かなり警戒心が強かったようです。

全然触らせようとしないし、「シャー」も出たようです w(*゚o゚*)w 看護士さんに、すごい甘えてると思っていました。
ごはんを出しても、プイと横を向いてしまって、人がいないときに少しだけ食べたそうです。

トイレは、夜に、おしっこだけ出しています。

エリザベスカラーは、やはり既存の物だと、すごく嫌がるため、菖とお揃いのクリアファイルからつくった物で代用することになりました。
どん兵衛の底を切り抜いた評判の物とか、いろいろと持っていってました。

ピンクのテープで留めてくれたので、ちょっと可愛いです ( ̄∇ ̄;) 菖、ごめんね。ガムテで。

7249.jpg

最後に、フロントラインを首筋におとされているのですが、そこが気になるようです。

7250.jpg

それから、すごい毛が抜けるんです く( ̄△ ̄)ノ 蓮が、体をブルブルッてするたびに、白い毛が舞っています。
ストレスかしら?

7251.jpg

赤みが少し残っていますが、徐々に消えていくでしょう。
抜糸不要の手術なので、抜糸のための通院は必要ないのですが、1週間はカラーでガードして、傷口が開いたり感染したりするのを防がなくてはなりません。

特に、蓮のたまたまは大きかったため、その分、大きく切開しているらしいです。

菖、舐めないでね。

7252.jpg

目が閉じそう (* ̄。 ̄*) 夜、眠れてないの?

家に帰ってきてしばらく、ちょっとのことでびっくりして、文字どおり飛び上がっていた蓮ですが、次第に落ち着いてきました。

7253.jpg
7254.jpg

眠っても大丈夫よ。

この後、蓮がよく使うクッションに抱いて連れていったら、速攻で眠りの国へ行ってしまいました。

にほんブログ村 猫ブログへ   様子を見て、金曜日の夜あたりに、猫ズのカラーを一緒に取り外そうかな。

日常生活 | 22:55:24 | Comments(0)
術前検査・蓮の場合
7228.jpg

蓮の話の前に、まず、我が家のアイドル菖ちゃんの話から。

7229.jpg

木曜日に、左耳下に小さな傷ができました。
自分で引っかいた傷なのか、蓮ともみ合ってできた傷なのかは不明です。

どちらにしても、あまり痛そうではなかったため、消毒だけしておきました。

翌日の金曜日の夜、見ると、傷口が大きくなっています。
傷口といっても、皮膚がパックリと割れているというわけではなく、内出血があるという具合です。
ですが、菖自身気になるのか、後ろ足で掻き始めたため、頬まで広がってしまいました。

さすがに放置できないため、避妊手術時のエリザベスカラーをつけたのですが、すごく嫌がります。

で、もっと軽量化をはかり、クリアファイルを切って、まきつけました。

7230.jpg

これだと、嫌がりません (*´ο`*)=3 とめているのはガムテープだから、ちょっと貧乏チックだけど、そんなことはどうでもいいの。

長さはちょっと足りませんが、ギリギリ、後ろ足で傷の拡大ができないぐらいにはカバーしています。

長さはいろいろと試しました。
その中で、菖が、一番ストレスと感じない長さにしています。

これで、さらに傷が拡大することがあったら、もう1㎝長めのものをつくろうと思っています。

7231.jpg

さて、蓮の去勢手術の術前検査のお話です。

7232.jpg

うふふ、キャリーバッグよぉ (*´∇`*) あーら、蓮ちゃん、入るぅ?

と、遊んでいたら、速やかに入ってくれました (* ̄。 ̄*) 菖は、キャリーを見るなり逃げ出したけど。

7233.jpg

予約していたタクシーに乗って、動物病院へ。
刺激が少ないせいか、キャリーバッグの横から私をずっと見ていたせいか、初めて、キレイなままで受診ができました ( ̄∇ ̄;) これまで、うんちの清掃からというのが常だったから。

体重は3.78キログラム。

蓮の顔を見るなり、「大きくなったねえ」とK先生 (*^_^*) あれ? 以前も言っていませんでしたっけ?

7234.jpg

そして、レントゲンの前に、初・血液検査。

看護士さんがひとり保定に来てくれました。
注射針を左後ろ足に刺したときにちょっと鳴いたものの順調でしたが、長めの保定を嫌がった蓮が身をよじったために途中で中止。

その後、もうひとり看護士さんが来て、上半身と下半身をそれぞれ保定。
鳴いたものの、今度は成功しました。

止血のために、さらに保定されていると嫌がったため、そこで私が蓮の上半身を保定していた看護士さんと交代して、「抱っこだと勘違いするのだ~」と上半身だけの中途半端抱っこを行うと、大人しくなりました。

「抱っこ大好きなんですか?」
と看護士さん。
「抱っこ魔です」
と答えると、笑ってました。

7235.jpg

体温計を使用するとき、K先生が「蓮くん、たまたまも大きくなったねえ」と笑ってました。

7236.jpg

翌日。
菖の傷拡大の様子はありません。

7237.jpg

菖の傷の様子は、蓮の検査時にK先生にスマホの写真で見せています。

アレルギーの可能性もあるため、これ以上ひどくなるようだったら早めに受診したいと考えています。
とりあえず、アレルギーの話を聞いて、現在、ちょうどフードを変えていたのですが、落ち着くまで以前のメーカーのフードに戻すことにしました。

7238.jpg

下を見ていない菖が蓮を踏んづけるかと思って見ていたのですが、ちゃんと見てるのかもしれません。

7239.jpg
7240.jpg

傷は膿んでたり腫れていたりといったことはなく、そっと触ると、硬いんです (* ̄。 ̄*) まるで、透明なカサブタがある感じ。

7241.jpg

レントゲン検査の写真は、大きな異常はなかったのですが、股関節がちょっとゆるいかもしれないという指摘を受けました。
うーんと大人になったらケアが必要になるかもしれません。

内臓に異常はなし。
膀胱にいっぱいおしっこが溜まってました ( ̄∇ ̄;) 最近の蓮のブームは、1日に1回のおしっこです。
少し前までは朝晩で、その前は朝だけでしたので、サイクルでもあるんでしょうか?

7242.jpg

来週の土曜日に手術予定です。
縫合を行わない手術のため、1週間はエリザベスカラーをしてもらいたいとのことでしたが、ちょっと堪え性がないからどうなるかなあ。
今の菖のようにクリアファイルにしたほうがいいかもしれません。

7243.jpg

ちなみに、現在の菖の傷口に塗っているレスキュークリームです (*^_^*) 情報源は猫の森の猫セミナー。

人間も使えるし、もちろん動物が舐めて大丈夫。

私は、普段、化粧水代わりにしています。
使用した最初の年は、鼻の脂がすごく出たのですが、ある時期を過ぎたら、まったく出なくなりました。
おまけに、大人にきびが出やすかったのですが、2年ぐらい出てないです (*^_^*) 偶然かもしれません。あくまで私個人の感想です。

にほんブログ村 猫ブログへ   今度の土曜日は、蓮を病院へ預けた後、菖も受診させて、さらに蓮を病院まで迎えて行かなければいけなくなる……ええ!? まさかの3往復!? ∑( ̄ロ ̄|||) この1週間で治りますように。

日常生活 | 14:37:31 | Comments(0)
傷の具合は良好です
7218.jpg

避妊手術後の傷の具合も良好なお嬢さん (*^_^*) あとは、お腹の毛が生え揃えばOKです。
まもなく1歳だから、我が家恒例のバースデー健診のときに、手術跡をチェックしてもらいます。

7219.jpg

手術後の後遺症として、もともと出ていた目やにやハナチョ(鼻くそ)が一時的にひどくなるかも、というお話をもらっていたのですが、そんなこともなく、逆に軽減しているぐらいです。

7220.jpg

次は蓮だ (-_-) ある意味、一番厄介かもしれません。

7221.jpg

誰かと密着できないキャリーケースに入り続けることが苦手な蓮は、また鳴きっぱなしになったり、それに力が入りすぎて、またキャリーの中でうんちしちゃったりするのではないかと危惧しています。

菖同様、タクシーを使用する予定だから、電車使用時の人のざわめきを聞かない分、マシなのではないかと思っているのですが、こればっかりはやってみないとわかりませんね。

7222.jpg

去勢手術の時期は、蓮が1歳を迎えてから考えるかと思っていたのですが、菖がマイクロチップを入れたため、一緒にしちゃおということで、9月に手術ということで予定を入れています。

このところ、菖に飛びかかっていく回数が増えたことと、蓮の力が少し増してきたことを考えると、いい時期かもしれません。

7223.jpg
7224.jpg

菖も蓮も、あっという間に仔猫期が終わろうとしています (*^_^*) 後先考えないイタズラ突撃隊の猫ズを見ていると、早く大人になってもらいたいのですが、あどけなさがなくなるのも、もったいないような複雑な心境です。

7225.jpg

ところで、最近のお嬢さんのトイレ事情ですが、斬新なことを考えついたようです。

7226.jpg

これまで、トイレのフチに前足をついてお尻をおとして、おしっこをしていました。
先日から、フチについていた前足をトイレの外に置くようになってしまいました ( ̄∇ ̄;) これだと、確かにおしっこはトイレの中に落ちるのですが、はみだす分が出てきちゃうんです。

菖の場合、キッチンに設置してあるトイレだけを使用するため、トイレそのものを大きくすると、今度は私が作業しにくいところもあり、少ない知恵を絞っています。
まあ、キッチンマットを洗濯すればいいだけだからいいんだけど、ないに越したことはないしなあ。

今のところ、私が在宅のときのみにおしっこをしているから、「菖ちゃん、もう少しお尻を下におとそうか」と私にお尻を押さえられているため特に問題ないのですが……いや、それはそれで問題か。
押さえられている菖に嫌がる素振りはありません。

私の希望的観測からいえば、押さえているうちにお尻の位置を菖が再認識するか、違うスタイルを考案するかしてくれないかと思っています。

うんちは普通にトイレに入っています。

7227.jpg

今は「ニャンとも清潔トイレ」を使用しているのですが、チップが、足に痛いのかなあ?

変えることも考えたのですが、細かい砂を台所に撒き散らしてほしくないし、変更するならば台所から猫トイレを出したいよなあ。
でも、今のチップだと、おしっこ検査の時に採取しやすいのよね。

と、いろいろと思案中です。

にほんブログ村 猫ブログへ   お嬢さんはまぐろが苦手。

日常生活 | 15:03:49 | Comments(0)

FC2Ad