FC2ブログ
 
■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
        -2018年1月15日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  菖(あやめ)
 性別  女の子
 生年月日  2017年9月30日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  蓮(れん)
 性別  男の子
 生年月日  2017年10月27日
 猫種  エジプシャンマウ(シルバー)

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
お悩み相談、その後
あれ? (・_ ・) いつからそんなとこに入り込むようになったの?

7059.jpg

蓮が、壁と食器棚の間にはさまっています。
私がお休みのときは、朝からポットのコンセントを差し込んでいるから、正直、入り込み場所にしてほしくありません。

さっきまでベランダの窓から光合成してたから、暑くなって避難してきたんだと思いますが。

7060.jpg

手近な避難場所だったのね (* ̄。 ̄*) まあ、蓮は動かないコンセントを噛もうとはしないけど、一応気をつけておかないとな。
「動かない」コンセントは噛まないけど、私が作業中の「動く」コンセントには、まだまだじゃれようとします。

7061.jpg

半纏も、そろそろ洗って片付けても良さそうです。

7062.jpg

以前、記事にした菖のトイレ問題のその後です。

あの記事から1~2度、やらかしているのですが、そのたびに「次は勝つっ!!」と私は闘志を燃やしつつキッチンマットを洗っていました。

その間、ちょっと考えてみました。

私が留守のときは、きちんとトイレでおしっこできるてるし、1度きりですが、キッチンに立った私の足の甲に座り込んでおしっこしたこともあります。

そこで、おしっこの邪魔をしないようトイレに入った猫をじっと見つめたりしないというマニュアル本に書いてあるようなことを無視することにしました。

私がキッチンに入ると菖も走ってトイレに入るため、私もその場にしゃがみこんで菖を見守ることにしました。
逆効果かなとも思いましたが、トイレに入る前の菖は、私の顔を見上げて「きゃー」と鳴いてから入ります。その後、とくに嫌がる素振りをすることなくおしっこにしているため、失敗がありません
(* ̄。 ̄*) ただ、ときどき、お尻の位置が高くて、おしっこが飛び出しそうになるから、私はどきどきしますが。

7063.jpg

そういえば、陵も「見ててほしい」派だったから、菖も同じ系列かもしれない (* ̄。 ̄*) なんてことを考えたりしています。

蓮はどっちでもいいみたいだけど。

7064.jpg

あ、立った (* ̄。 ̄*) 蓮、出ておいでよ。

7065.jpg

出てきそうにない顔をしていますが、この後、「くるるっ」って鳴いて、寝ている菖へ駆け寄りました。

7066.jpg

ちょっと菖の首筋に噛みついたものの、ご挨拶のグルーミング。

菖が視線を私に送っています ( ̄∇ ̄;) 蓮が来ると、その視線が私に飛んできます。

7067.jpg

蓮は気づいているのか無視しているのかはわかりませんが。
それでも、最初の頃のように菖も唸らなくなったし、蓮もそれほどしつこくなくなったから、良好な関係ではないでしょうか。

7068.jpg

白黒のマークみたいだけど、おしい (* ̄m ̄) もうちょっと丸まってたら完璧だったのに。

にほんブログ村 猫ブログへ   ブログのタイトルを変えようと思ってはいるのですが、踏ん切りがつかなくて、まだそのままです。

日常生活 | 22:09:51 | Comments(0)
ちょっと反省
菖と蓮が我が家に来てから、昼間の留守番時には、リビングに閉じ込めていて他の部屋には出入り禁止にしていました。
イタズラの種類が、ふたり揃うとちょっと未知数だったため警戒してたんです。

ですが、先週の日曜日の関東の最高気温は28℃予想というびっくり気温のうえ、私が夕方まで不在にするというタイミングだったため、トイレ洗面浴室を除き、開放することにしました。

これなら、リビングが暑くなっても、廊下に出るなり寝室に入り込むなり工夫ができます。

7054.jpg

窓開けも解禁 ( ̄∇ ̄;) ベランダに干してあるのは、夜に洗った猫トイレです。お気になさらず。

シルエットだけだと、どっちもどっちですね。
左が菖で、右が蓮です。

7055.jpg

これからは、網戸に爪をかけてはいけないということを覚えていってもらわないと (* ̄。 ̄*) 覚えることがいっぱいあるから、少しずつ根気良くですね。

7056.jpg

もうひとつ、解禁したこと (* ̄。 ̄*) 猫本棚の下の段に設置していた固定電話機とパソコンのルーターです。

入り込まないよう工夫をしていたのですが…… (*´ο`*)=3 人間もそうですが、「~しちゃいけない」というフレーズはファイトを燃やす言葉になりますね。
ふたりして、入ろうとする闘志がハンパなかったです。

入ろうとする知恵の絞り方を見ているのも楽しかったのですが、いろいろと危険度が増してきたため、思い切って解禁しました。

解禁したら、まったく入らなくなってしまったというオチです。

7057.jpg

本棚は、いくつか可動式の棚にしておいて良かったと思っています。

大人猫なら体の大きさから入ったり飛び込んだりしない位置でも、仔猫の体の大きさと考えなしの行動から、容易に入ったり飛び込んだりしちゃう棚がいくつか出てきてしまったため、棚の位置を一段高めにしたり低めにしたりして工夫しています。

陵の遺骨とかペン立てとかがあるから、あがってほしくない棚があるんですよね。

7058.jpg

ここで、ちょっと反省。

蓮を最初に迎えて、菖を迎える話を猫魔女……もとい、ブリーダーさんからいただいたとき、初多頭飼育に二の足を踏んだものの、17年間猫と暮らしていたんだから大丈夫という妙な自信みたいなものがあったんだと思います。
だから、菖の話を断らなかったんだろうなあ。

でも、実際にふたりと暮らし始めて思ったことは、「同じ猫はいない」ということです。

性格も行動も全部違うから、これまでとまったく同じ生活にはなりません。
最初から勉強しなおすこともたくさんあるし、お互いに譲歩しあったりしていることもたくさんあります。

私の多頭飼育の検討は、たぶん検討する部分がズレていたような気がします。
今までのことでは今までのことで、違う猫に対する検討はその猫本人をよく見てからのほうがいいと今では思うようになりました。

……って、これは菖を迎えたことを後悔するというオチではないですよ。

にほんブログ村 猫ブログへ   菖まで、抱っこしたとき私の耳たぶを噛んでくるようになりました
( ̄∇ ̄;) 蓮より牙が細いから、菖のほうが痛いです。

日常生活 | 09:01:44 | Comments(0)
どんどん大人に
7043.jpg

蓮くん (*^_^*) 照り返しが眩しいわ。

7044.jpg

5カ月を過ぎた蓮の成長はめざましく、顔がどんどん大人になっていっているように私には見えます。
まだ、ミギャミギャと鳴いているし、「抱っこされてないと死んじゃう」病に患っていると勘違いしていますが、それでも、抱っこの回数は3カ月の頃に比べると減ってきていると思っています。

菖も抱っこのために私に飛びついてくるから、蓮が、自分が飛びついていくタイミングを逃しているせいもあるかもしれませんが。

7045.jpg

最近、抱っこにプラスされているのが、私の耳たぶを齧ることでしょうか ( ̄∇ ̄;) 歯をあてるようにして齧るから痛くないのですが、外出前だとヨダレ臭くなりそうで拒否ってます。

7046.jpg

蓮は、爪切りも掃除機も、流しに設置している生ゴミ粉砕機の音にも全然平気です (*^_^*) 掃除機のときには、高い所に駆け上がると平気だということをある程度理解したように思えます。

7047.jpg

菖ちゃん (*´∇`*) こっちむいて。

7048.jpg
7050.jpg

6カ月を迎えた菖は、たぶん、蓮を見て覚えたのでしょうが、抱っこの回数が増えてきました。
抱っこのために私に飛びかかるところは蓮と同じなのですが、私の背後から飛び乗ることも多いため、振り向きざま目の前に猫が飛んできていたとか、私が動くタイミングが悪く菖の爪が虚しく私の背中とか足とかを引っかいたとか、話題に事欠きません。

7051.jpg

「キャーキャー」と鳴いてます (*^_^*) もう少し大人になれば「ニャー」になるのでしょうか?

菖は掃除機だけはどうしても苦手のようです。
秘密基地の天袋まで逃げ込めば、あとは大人しいのですが、それまでは逃げ惑っちゃいます
( ̄∇ ̄;) 高い場所に逃げ込めばいいのですが、床から離れようとしないため、どうしても掃除機と遭遇する事態に陥ります。

7052.jpg

菖のうんちを動物病院へ持っていきました (* ̄。 ̄*) この日は、K先生がお休みのため、N先生が対応してくださいました。

残念ですが、菖の腸内細菌バランスがイマヒトツで、まだ、らせん菌が存在しているそうです。

ただ、仔猫の場合は、これが現れることがよくあるそうです。
現れて、大人になる頃に消えるケースがあるとのこと。

ここで、質問してみました (* ̄。 ̄*) 「あら、この子にもいるね」と「大変、この子にいるよ」と、どちらのニュアンスですか?

菖の場合は、うじゃうじゃ存在しているわけではないこと、食欲も元気もあること、体重も増えていることから、「いるね」的な感じだそうです。

7053.jpg

もう少し様子を見て、状態が変わるようであれば、うんちから遺伝子検査をすることにします。

持っていったうんちからも検査ができたのですが、いろいろと話し合って、まだそこまでではないかなという結論になりました (* ̄。 ̄*) ちなみに、検査費用は1万円ぐらいです。

にほんブログ村 猫ブログへ   明日から新年度が本格的に動き出します (* ̄。 ̄*) 定時で帰れるように気合入れて仕事しなくちゃ。

日常生活 | 09:19:19 | Comments(1)

FC2Ad