FC2ブログ
 
■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
        -2018年1月15日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  菖(あやめ)
 性別  女の子
 生年月日  2017年9月30日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  蓮(れん)
 性別  男の子
 生年月日  2017年10月27日
 猫種  エジプシャンマウ(シルバー)

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
カルテをつくろう
7015.jpg

蓮と菖が我が家に来る前は、こんな状態。

7016.jpg

ここには、固定電話機とパソコンのルーターが入っています。

隠れるには絶好の場所だし、何より、コードとか齧るものがいっぱいあるためクッション等でバリケードしてました。
そんな状態だったためか、蓮と菖の好奇心とか冒険心とか探究心とかをあおってしまったらしく、日々、突破しようとチャレンジャーしてました。
かえって危ないと思ったため、少し早いけどバリケードをとっちゃいました (* ̄。 ̄*) ただし、私が在宅しているとき限定ですが。
留守番中はバリケードしますが、見せたことが良かったのか、出たり入ったりはするものの、今のところそれほどのトラブルは起こしていません。
まだ油断できませんが。

3月3日土曜日、カルテをつくってもらいに動物病院へ行ってきました。
おしっこは採れなかったけど、うんち持参で (* ̄。 ̄*) ちょっとゆるいんですよね。

仔猫時代の今しかできないと思ったため、キャリーケースに蓮と菖の2匹を一緒に入れました。

ふたり一緒だから、蓮、鳴かないでね。

と考えていたのですが、蓮は道中鳴きっぱなし ( ̄∇ ̄;) 電車の中では鳴かないのですが、歩いてると鳴いちゃいます。私の歩き方が変な振動を与えているのかしら?

今日はK先生が出勤日だったので、久しぶりにご挨拶してきました。

キャリーケースを開けると、うんちとフードを吐いた痕跡が Σ( ̄ロ ̄lll) 久しぶりに動物病院へ来て、K先生にご挨拶して、最初に先生と看護士さんにやってもらったのは、お掃除でした。
すみませんっ "(/へ\*)")) 全部片付けてもらって蓮までキレイに拭いてもらったうえに、新しいタオルまでいただいてしまいました。

ちなみに、両方とも蓮です。
位置とか毛の汚れから、おそらく間違いないと思います。

ひと通り騒いだ後、診察へ。

7017.jpg

まず、蓮。

体重は2.22㎏ (>▽<)b よしっ。大きくなってる。
去勢手術についても相談してきました。
最近の風潮だと、3カ月くらいからでも手術してしまうようだけど、私個人的には、猫の体がきちんと成長してから手術したいんです。
あまり若いうちから手術すると、男の子の場合、おしっこが詰まりやすくなるし、まだ蓮くんは乳歯だから、だいたい10カ月くらいを目処に考えてみてくださいとのことでした。
成長過程中の手術はあまりお勧めしないらしいです。

陵は1歳6カ月くらいだったんだよなあ。
ただ、菖の発情に誘われちゃうとどうかなとも思っています。

ちなみに、蓮の診察中、菖はどうしていたかというと、キャリーケースの中で鳴きっぱなしだったため、私がずっと抱っこしてました。
蓮の保定は、看護士さんが行ってました。

7018.jpg

次、菖 (*^_^*) 蓮と抱っこを交代します。

体重は2.12㎏。
蓮とひと回りぐらいの体格差があったため、もう少し軽いかと思ったけど、あんまし違いはないのね。

菖の避妊手術についても話し合いました。
女の子の場合、男の子よりも早めに手術しても大丈夫らしいのですが、まだ菖も乳歯だったため、永久歯になってから具体的に考えていきます。

菖の診察中の蓮はというと、診察台に降ろしても降ろしても私の肩に飛び乗ってくるため看護士さんの笑いを誘い、菖はというと、診察台の上にゴロンゴロンと転がって先生の笑いを誘っていました。
心臓の音を聴くために聴診器をあてても、ゴロゴロしか聴こえてこなかったそうです ( ̄∇ ̄;) 菖……、どこでスイッチが入ったんですか?

健康診断は特に問題はなかったため予防接種(2回目)をお願いしようと思ったのですが、2匹とも糞便検査で引っかかってしまいました。
感染とか寄生虫とかではなく、常在菌が増えているそうです。
だから、うんちがゆるかったのか (* ̄。 ̄*) 生活環境が変わったせいかしら?

予防接種の副作用として下痢があるそうです。
土曜日の今日に予防接種してもいいけど、どうして下痢が起こっているのか区別がつかなくなる恐れがあるため、まず、腸内細菌を落ち着かせてから接種することにしました。

殺菌効果のあるフラジールという錠剤と、BABという病院で調剤している整腸剤の粉薬をもらって帰ってきました。

1週間後に再受診 (*^_^*) また3人でデートしようね。

にほんブログ村 猫ブログへ   仔猫の投薬は楽でいいですね。このまま、毎日サプリか何かあげて、投薬に慣らしていこうかなあ。

日常生活 | 09:04:59 | Comments(0)

FC2Ad