■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
        -2018年1月15日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  菖(あやめ)
 性別  女の子
 生年月日  2017年9月30日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  蓮(れん)
 性別  男の子
 生年月日  2017年10月27日
 猫種  エジプシャンマウ(シルバー)

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
お悩み相談
土曜日、動物病院へ行ってきました (*^_^*) 蓮のうんちしか持参できませんでしたが、蓮のうんちから見る腸内細菌バランスも問題がなくなり、菖のうんちの形状も蓮と似てきていることから、ふたりとも投薬を中止することになりました。
菖のうんちは、後日、念のため検査してもらうつもりではいます。

7037.jpg

菖は2.5㎏、蓮は2.58㎏と順調 (*´∇`*) もう、これ以上の重さはキャリーバッグも私の腕も限界のため、ふたり揃っての受診は本日で終了です。
次は、夏ごろに成長過程を見てもらって、避妊と去勢手術の相談をしていく予定です (* ̄。 ̄*) その前に「何か」があった場合には覚悟を決めたいと思います。

7038.jpg

菖の受診中、蓮はキャリーバッグの中で鳴きっぱなし ( ̄∇ ̄;) 出てきたら出てきたで、K先生の白衣やら口やら腕やら聴診器やらを嗅ぎまくり、抱っこのために飛び乗りと通常営業。
少し前にゴールデンレトリーバーを診察しているから、その匂いが気になるのか、口はジュースを飲んだから匂うのかなと笑ってました ( ̄∇ ̄;) 本当に、毎度毎度すみません。

菖は相変わらず診察台の上でゴロンゴロンと甘えてました。

余談ですが、菖の猫パンチは可愛いです (///∇//) 絶対に爪を出さずに肉球のみなので、私としては、菖から猫パンチをもらうと「もっとやって」と挑発したいぐらいです。

7039.jpg

そんな菖の困ったことが1点だけ (T_T) おしっこ問題なんです。

我が家にブリーダーさんとともに訪れた初日、ブリーダーさんと話しているうちに、我が家のキャリーバッグの中に敷いていたタオルの上でおしっこをしちゃいました。
その後、3回ほどキャリーバッグの中で、おしっこたっぷりのタオルが丸められてました。

室内に放置していたキャリーバッグをしばらく、押入れに片付けることにしました。

その後、毛足の長いキッチンマットが気に入ったらしく、今度は2~3日に1度の割合で、マットの上におしっこをするようになってしまいました。
おしっこの吸収とかが心地良いのかしら?

今は、その上に猫トイレを増設しています。

7040.jpg

ネットを見てみると、意外と布系の上でおしっこしちゃう猫さんがいるらしく、いくつか記事を読みましたし、動物病院でK先生にも相談しました。
トイレ増設で様子を見るしかない状態ですが、これ以上、キッチンマットから事業拡大しなければいいかと考えています。

クッションとか布団とかの布系に目を向けることがないよう、ちょっと祈っています。
もちろん、大人になる頃にはおさまってくれていることが一番いいのですが…… (* ̄。 ̄*) まあ、我が家に来て、まだ1カ月で、蓮とふたりっきりで日中は思い切り留守番で、いろいろと生活環境が変わったストレスとかがあるかもしれないから、少し気長に様子を見ることにしています。

ですが、もし、良い解決策をお持ちの方は教えていただけると嬉しいです。

7041.jpg

お気に入りのじゃらしが自分の手に入ると、唸りながら別の場所に持って行っちゃう蓮ですが、菖が手にしたときには絶対に奪おうとしません。

他の男の子がそばにいないのに、いつの間に、そんなことを覚えるんでしょうね。

7042.jpg

菖は、蓮が私のところに甘えに来ないときを狙って、ゴロゴロと大音量で喉を鳴らして抱っこをせがんできます (*^_^*) でも、じっとして甘えることがないため、床の上でゴロンゴロンとあちこち転げまわり、抱っこをすると、私の肩から背中へよじ登っています。

ふたりとも、それぞれ、いい味の個性が出てきています。

にほんブログ村 猫ブログへ   どっちかと言うと、蓮のほうがおっとり(ぽやん?)としている感じがします。

日常生活 | 08:44:48 | Comments(0)
予防接種完了です
7029.jpg

最近、自分達の夕ごはんを食べると、ソファの上に置いてある半纏の上にくつろいでいます
(* ̄。 ̄*) 菖が始めて、蓮が後を追うようにして、こうなりました。

先週から、お互いを舐めあうアログルーミングが見られるようになりました ( ̄∇ ̄;) 毛の流れとか無視してやっちゃってますけどね。

まあ (〃'∇'〃) ステキね。

なんて油断してると、どっちかがどっちかに噛みついてバトルになることはありますが。

7030.jpg

昨日の土曜日、再診に動物病院へ行ってきました。

今回は、うんちは採れなかったのですが、おしっこは採れたので、そっちの検査にしました。

おしっこに問題はまったくなし。
菖のPHは6.0で比重が1.057、蓮のPHは7.0で比重が1.046でした。

体重は、菖が2.4㎏、蓮が2.48㎏と順調です。

相変わらず、お尻からの検温が難しく、ふたりともクネクネと逃げ回っちゃってます。
さらに、蓮が、K先生にまで、抱っこのために飛び乗ってくれました Σ( ̄ロ ̄lll) 診察室でのうろちょろが止まりません。

7031.jpg

そして、うんちの話になったのですが、実は、火曜日に神奈川のブリーダーさんからお電話をいただいたとき、菖と蓮の状況についてアドバイスをいただきました。

エジプシャンマウの猫種の体とか栄養状態とか考えて(ちょっと中略)、牛肉の生肉を与えているんだそうです (* ̄。 ̄*) ちょっとですよ。
その時にお腹がゆるくなっちゃった仔猫には、バイコックスを1度与えるんだそうです。
3度与えると良いということもあるが、1度で十分ということでした。
菖と蓮に関しては、ふたりとも便の状態が良かったため様子を見ていたそうです。

もうひとつ。
ブリーダーさんの所ではロイヤルカナン製品を食べさせていたため、私も、とりあえず1歳まではこれでいこうと思っていました。
4カ月までは「マザー&ベビーキャット」のウエットとカリカリを、5カ月を過ぎた頃から「キトン」用に変えていました。

ブリーダーさん曰く「キトン用はあまり評判が良くないうえに、お腹がゆるくなる子が多いのよね」だそうです。
4カ月までのフードの評判はいいらしいのですが、それ以上の年齢のフードの評判が芳しくないので、その頃からはニュートロ製品に切り替えているんだそうです。

7032.jpg

火曜日の夜ごはんから、ニュートロのキトン用に切り替えています。

目立った変化はないのですが、わりに、うんちの形がしっかりとしてきたような気がします。

7034.jpg

K先生に状況をお話して、あとは再度の糞便検査をして確かめてみましょうということになりました。

牛肉からくる場合のお腹のゆるさはバイコックスを与えるのが早そうですが、現在服用しているお薬に反応がないのは不思議だというので、あまり服用が長くなるようであれば、バイコックス投薬か違う検査をしてみましょうということになりました。

7035.jpg

ふたりとも、本日、2回目の予防接種完了 (*^_^*) 動物病院で手帖をいただきました。

蓮の食欲がちょっと落ちましたが、それ以外の副作用はなかったのでホッとしています
(*^_^*) 仔猫の予防接種は、2度目の時に反応が出やすいと聞いていたため、ちょっと緊張していました。

7036.jpg

動物病院名で本を出したそうです。

早速購入 (*^_^*) これから読みます。

にほんブログ村 猫ブログへ   予防接種は3種か5種か迷うのですが、我が家は3種です。

日常生活 | 09:50:47 | Comments(0)
カルテをつくろう、その後
7019.jpg

あ (  ̄っ ̄) ツーショット写真を撮ろうと思ったのに、菖に逃げられちゃった。
珍しいツーショットだったのに。

蓮は、菖の細いしっぽがお気に入りです。自分のしっぽより細いから珍しく見えちゃうのかも。

で、菖のしっぽにかぶりついてバトルが始まってしまいます。
蓮は菖の首筋に、菖は連の喉笛に食らいついていきます ( ̄∇ ̄;) ふたりがドッタンバッタンやるせいか、部屋がゴミだらけのような気がします。
掃除が行き届いてませんで、申し訳ございませんという床の状態になってしまいます。

7020.jpg
7021.jpg

ああっ (T_T) ピントがあってたら可愛いのに……。

7022.jpg

投薬開始してから1週間。
再受診に行ってきました。

蓮は2.32㎏。菖は2.22㎏ (*^_^*) 順調におっきくなっています。

7023.jpg

ですが、腸内細菌のバランスだけはイマイチでした。

蓮のほうは大丈夫だと思ったのですが…… (* ̄。 ̄*) 予防接種も先送りです。
1回目の接種を行っているから、とりあえず腸内バランスを整えましょうということになりました。

さらに1週間後も駄目な場合は、培養検査(だったかな?)を行う予定です。

現在は、体重も増えていることから重篤な病気といったものではないでしょうという言葉に、ちょっと安心して帰ってきました。

7024.jpg

あ、菖が戻ってきた (* ̄。 ̄*) もうちょっとくっついてくれると仲良し写真が撮れるのですが、まだちょっと無理のようです。
次の冬に期待しています。

7025.jpg

菖は診察中、またもゴロゴロ炸裂 ( ̄∇ ̄;) この子は、男女問わず、スイッチが入るとゴロゴロになっちゃうようです。
心音を聞くために聴診器をあてたK先生が、「菖ちゃん、ちょっとゴロゴロ止めてくれないかな?」と懇願されてました。
しばらくあててチャンスを待ってたようです (*^_^*) 無事に(?)雑音なしの心音を聞かせてくれました。

7026.jpg
7027.jpg

ああ、ピントが……(以下同文)。

我が家にいる日数が増えるにつれて、菖の食欲も増してきました。
菖はパクパク系で、蓮はモグモグ系 (* ̄。 ̄*) 菖のほうがさっさと食べ終わっちゃいます。

朝晩は、私がそばにいて、お互いがお互いの食べ物をとらないように見てますが、仮に菖が蓮のお皿に顔を入れても、蓮が怒り出すことはありません (* ̄。 ̄*) また、蓮が菖のお皿に顔を入れたとしても同様です。
仲良く食べてます。
特に、蓮のほうが菖を優先させている感じがします。

7028.jpg

今週中にカメラ屋さんに行って、フタつきのフィルムケースをもらってこなくっちゃ (* ̄。 ̄*) 密閉するから、おしっことかうんちを入れるのに最適なんです。

にほんブログ村 猫ブログへ   あ Σ( ̄ロ ̄lll) 静かにしてると思ったのに、蓮が飛びかかって菖の首筋にかぶりついて、菖が唸ってる。バトル開始のようです。

日常生活 | 09:09:25 | Comments(0)
カルテをつくろう
7015.jpg

蓮と菖が我が家に来る前は、こんな状態。

7016.jpg

ここには、固定電話機とパソコンのルーターが入っています。

隠れるには絶好の場所だし、何より、コードとか齧るものがいっぱいあるためクッション等でバリケードしてました。
そんな状態だったためか、蓮と菖の好奇心とか冒険心とか探究心とかをあおってしまったらしく、日々、突破しようとチャレンジャーしてました。
かえって危ないと思ったため、少し早いけどバリケードをとっちゃいました (* ̄。 ̄*) ただし、私が在宅しているとき限定ですが。
留守番中はバリケードしますが、見せたことが良かったのか、出たり入ったりはするものの、今のところそれほどのトラブルは起こしていません。
まだ油断できませんが。

3月3日土曜日、カルテをつくってもらいに動物病院へ行ってきました。
おしっこは採れなかったけど、うんち持参で (* ̄。 ̄*) ちょっとゆるいんですよね。

仔猫時代の今しかできないと思ったため、キャリーケースに蓮と菖の2匹を一緒に入れました。

ふたり一緒だから、蓮、鳴かないでね。

と考えていたのですが、蓮は道中鳴きっぱなし ( ̄∇ ̄;) 電車の中では鳴かないのですが、歩いてると鳴いちゃいます。私の歩き方が変な振動を与えているのかしら?

今日はK先生が出勤日だったので、久しぶりにご挨拶してきました。

キャリーケースを開けると、うんちとフードを吐いた痕跡が Σ( ̄ロ ̄lll) 久しぶりに動物病院へ来て、K先生にご挨拶して、最初に先生と看護士さんにやってもらったのは、お掃除でした。
すみませんっ "(/へ\*)")) 全部片付けてもらって蓮までキレイに拭いてもらったうえに、新しいタオルまでいただいてしまいました。

ちなみに、両方とも蓮です。
位置とか毛の汚れから、おそらく間違いないと思います。

ひと通り騒いだ後、診察へ。

7017.jpg

まず、蓮。

体重は2.22㎏ (>▽<)b よしっ。大きくなってる。
去勢手術についても相談してきました。
最近の風潮だと、3カ月くらいからでも手術してしまうようだけど、私個人的には、猫の体がきちんと成長してから手術したいんです。
あまり若いうちから手術すると、男の子の場合、おしっこが詰まりやすくなるし、まだ蓮くんは乳歯だから、だいたい10カ月くらいを目処に考えてみてくださいとのことでした。
成長過程中の手術はあまりお勧めしないらしいです。

陵は1歳6カ月くらいだったんだよなあ。
ただ、菖の発情に誘われちゃうとどうかなとも思っています。

ちなみに、蓮の診察中、菖はどうしていたかというと、キャリーケースの中で鳴きっぱなしだったため、私がずっと抱っこしてました。
蓮の保定は、看護士さんが行ってました。

7018.jpg

次、菖 (*^_^*) 蓮と抱っこを交代します。

体重は2.12㎏。
蓮とひと回りぐらいの体格差があったため、もう少し軽いかと思ったけど、あんまし違いはないのね。

菖の避妊手術についても話し合いました。
女の子の場合、男の子よりも早めに手術しても大丈夫らしいのですが、まだ菖も乳歯だったため、永久歯になってから具体的に考えていきます。

菖の診察中の蓮はというと、診察台に降ろしても降ろしても私の肩に飛び乗ってくるため看護士さんの笑いを誘い、菖はというと、診察台の上にゴロンゴロンと転がって先生の笑いを誘っていました。
心臓の音を聴くために聴診器をあてても、ゴロゴロしか聴こえてこなかったそうです ( ̄∇ ̄;) 菖……、どこでスイッチが入ったんですか?

健康診断は特に問題はなかったため予防接種(2回目)をお願いしようと思ったのですが、2匹とも糞便検査で引っかかってしまいました。
感染とか寄生虫とかではなく、常在菌が増えているそうです。
だから、うんちがゆるかったのか (* ̄。 ̄*) 生活環境が変わったせいかしら?

予防接種の副作用として下痢があるそうです。
土曜日の今日に予防接種してもいいけど、どうして下痢が起こっているのか区別がつかなくなる恐れがあるため、まず、腸内細菌を落ち着かせてから接種することにしました。

殺菌効果のあるフラジールという錠剤と、BABという病院で調剤している整腸剤の粉薬をもらって帰ってきました。

1週間後に再受診 (*^_^*) また3人でデートしようね。

にほんブログ村 猫ブログへ   仔猫の投薬は楽でいいですね。このまま、毎日サプリか何かあげて、投薬に慣らしていこうかなあ。

日常生活 | 09:04:59 | Comments(0)

FC2Ad