■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
        -2018年1月15日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  菖(あやめ)
 性別  女の子
 生年月日  2017年9月30日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  蓮(れん)
 性別  男の子
 生年月日  2017年10月27日
 猫種  エジプシャンマウ(シルバー)

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
初ひとり受診2
7092.jpg

あ、菖が視線をくれてる o(* ̄o ̄)o 撮らなくっちゃ。
この小娘、なかなかカメラに向かって視線をくれないから、貴重な瞬間は逃さないようにしないと。

さて、私がここに引っ越して以来、ずーっと使用しているこのソファですが…… (*´ο`*)=3 裏側をご覧ください。

7093.jpg

背中部分に大きな穴が…… (T_T) 1週間前は2~3センチだったのに、その穴を猫ズに発見されたこの1週間で、ここまでにされてしまいました。

7094.jpg

去年の暮れからあったんです。
いつの間にできたのか気がつかなかったのですが、陵はそれをどうこうするような性格じゃなかったため放っておいたんです。

菖と蓮が来てから、ソファの穴のことなんて、すっかり忘れていました (*´ο`*)=3 思い出させてくれてありがとう。

18年使ったソファだし、背もたれ部分には陵のオケツの跡とか、下の部分には、動物病院へ連行されるのを嫌がった陵がおしっこをしてしまった跡とかがあるのですが、もう買い替え時なのかもなあ。

7095.jpg

あ、菖も来た。

7096.jpg

この穴、何? なんて顔してますが、ふたりして開けたんだろうなあ。

7097.jpg

蓮は、前回の受診時に処方されたお薬を飲み終わって様子を見ていたら、うんちが再び軟らかくなってしまったため、殺菌のフラジールと整腸のティアバクターをもう少し服用することになりました。
検査に出したうんちにも、らせん菌がちょっと出てたの。

7098.jpg
7099.jpg
7100.jpg

毛繕いもマメにするようになってきました。
うんうん (*´∇`*) 頑張れよ。ままは助かるわ。

7101.jpg
7102.jpg

たまに途中で止まっちゃいますが。

7103.jpg

そして再開。

7104.jpg

タマタマも順調に育っています。
前回の受診時にも、精巣もきちんとおりてきていることを確認しています。

7105.jpg

カウンターの上に置いたお水が好評です。
もともと、予備のお水をここに置いておいたのですが、「予備」の看板を外さなくちゃいけないかも。

7106.jpg

昨日の土曜日は、菖を連れて動物病院へ行ってきました。

7107.jpg

道中の菖は、本当に静か (* ̄。 ̄*) いや、蓮が鳴きすぎなのですが、あんまり静かだから、たまにキャリーバッグを覗いてみてました。
覗くたびに、小さな声で「きゃー」と鳴いていました。

可愛いわぁ (* ̄m ̄) ニヤけそうになる顔を、外にいるんだからと必死にもとに戻してました。

7108.jpg

その日は、残念なことにK先生がお休みだったため、M先生に診てもらいました (* ̄。 ̄*) M先生は久しぶりだわ。
この先生は、とっても慎重な先生だなという印象があります。
猫に噛まれたり引っかかれたりしないように、あまり無茶な触り方はしないし、簡単な体の向きの転換なら、飼い主に任せるという先生です。
対応は親切だし、こちらの質問には納得するまでつきあってくれるため、嫌いな先生ではありません。
でも、私は、甘えに来た菖の頭を撫でてくれるK先生のほうが好きだなあ。

体重は3.24キログラムと順調です。

7109.jpg

菖は、水曜日と金曜日にごはんをちょっと吐き戻しているため、整腸剤のビオフェルミンと、一応、抗菌のフラジールを服用することになりました。

ちょっとだけ、うんちに血も混ざっちゃうこともあります。
蓮もそうだから、体質的には似てるんだろうなあ。

7110.jpg

お薬をもらって病院を出た帰り道。
避妊と去勢手術の相談をするのを忘れていたことに気がつきました。

女の子の場合、1歳を過ぎてしまうと、将来、病気悪化の確率が高くなってしまうため、その前に手術したほうがいいとアドバイスをもらっています。
私もそれでいいと思っているのですが、本格的な夏の暑さの中に通院させるのは酷なため、6~7月初め頃はどうかなと考えていたんです。

次の土曜日はK先生がいるから、もう1回、菖を連れていこうかなあ。
まあ、菖は嫌がるだろうけど。

ちなみに、菖と帰宅したら、案の定、蓮はとても寂しい思いをしたらしく、「くるる、くるる」と鳴きながら菖の後を追い回していました ( ̄∇ ̄;) 菖がいない夜は大変だろうなあ。

にほんブログ村 猫ブログへ   マイブーム「おしっこは1日1回」は、現在、ゆるやか~に継続中
(* ̄。 ̄*) 1日2回の日もあるの。その時には、いっぱい「ありがとう」を言っています。

日常生活 | 14:07:51 | Comments(0)
初ひとり受診
7083.jpg

私を見ても、お外の鳥さんは遊びに来てはくれないのよ ( ̄∇ ̄;) 蓮くん、諦めてね。

7084.jpg

台風の影響の雨で、通勤通学の方は大変だと思います。

なーんて余裕なことを言っていられるのは、本日、私用でお休みをいただいていたからです。
おかげで、まったりな朝を猫ズと過ごしています。

7085.jpg

菖はカメラがちょっと苦手。
向けられると「悪い顔」になっちゃいます。

7086.jpg

雨が降っていますが、我が家の猫ズは通常営業。
朝から走り回っています ( ̄∇ ̄;) 私が起きると、「ごはんちょうだい」よりも「抱っこして」と交互に飛び掛ってきます。
お休みの日はいいけど、出勤日の平日は猫ズの攻撃をかわして支度をしていかなくてはいけません (-_-) 朝から、けっこうハードです。

7087.jpg

蓮は、お口パカーンして眠っていることが多いです。
カメラを近づけたから目は開けましたが、まだ半分夢の中です ( ̄∇ ̄;) 「野生」の二文字は存在していません。

そーいえば、私に怒られてるときも、少しですがお口パカーンです。
心外そうな顔をしてお口パカーンされると、こちらの怒る気力を奪います ( ̄∇ ̄;) 作戦なのかもしれません。

7088.jpg

6月2日土曜日、少し前になってしまいますが、蓮を連れて、動物病院へ行ってきました。

少し前から、ちょっと下痢気味のうんちが続いていたんです。
2週間ほど前は、お腹のゆるさに我慢できなかったのか、お布団の上で出してしまいました。
その時は、動物病院からもらっていた殺菌効果のあるフラジールというお薬を飲ませたら治まったため様子を見ていたのですが、翌週には、下痢気味うんちに戻ってしまいました。

7089.jpg

菖は初ひとり留守番で、蓮は……いや、初ひとりキャリーではなくて、初ひとり受診です。

道中に鳴かれることは想定していましたが、鳴きすぎたのか、途中で口で呼吸をし始めるのは想定外 ∑( ̄ロ ̄|||) 動物病院まであと5分という所まで来ていたので、早足で病院へ向かいました。

受付で状態を説明すると、そばにいた看護士さんが蓮の状態を確認してくれました。
少し口で呼吸はしているものの、苦しそうではなかったため、もう少し様子を見てみましょうということになりました。
続くようであれば酸素室へ連れていってくれるとのことでした。

待合室で様子を見ていると、口での呼吸はおさまったものの、体の震えが止まりません。
ただ、具合が悪くて震えているというよりは、怖くて震えているという感じです (* ̄。 ̄*) 菖と一緒のときはここまで震えなかったんだけどなあ。
途中、受付の方が様子を見てきてくれましたが、口呼吸はおさまったため、このままにしておくことにしました。

15分ほどで順番がきました。

キャリーバッグから出た蓮を見て、K先生は開口一番「蓮くん、大きくなったねえ」でした。
体重も3.48キログラムと、最後の受診から1キログラム大きくなっています。

持ってきた蓮のうんちからは、らせん菌が出ていたそうです。
ただ、だからといってがっかりする必要はありません (* ̄。 ̄*) 寄生虫が出ているわけではないため、それほどの心配はいらないそうです。

その日の朝、少しだけ、うんちに血がついていました。
これは、スマホの写真で、状態をK先生に診てもらいました。

うんちに、ゼリー状のようなものはついていませんでしたか?

と質問されたのですが、そんなものを見た覚えがないため首をかしげてしまいましたが、幸い?、動物病院への道中、蓮がまたしてもうんちをしてしまったため、ペットシーツに包まれたうんちを診てもらいました。

そうなんです (*´ο`*)=3 またしても、動物病院へ来てまずやってもらったことが、うんちにまみれてしまった蓮のしっぽの掃除とペットシーツの交換だったのです。
一応、蓮のために言っておくと、お腹のゆるさがあることにプラスして、道中の鳴きっぱなしでお腹に力が入ったんだと思われます。たぶん。

話を戻しますが、そのうんちを診てもらうと、「あ、これ怪しいな。ありますね」でした。
K先生が指すところを見ると、確かに他と部分と違うテカりがあります。

このゼリー状のものがあるということは大腸のほうの炎症なんだそうです。

抗菌作用のあるフラジールと整腸剤のティアバクター錠の投薬治療となりました。

遺伝子検査のお話もありましたが、蓮の状態は、それほどのものではないため中止にしました。

7090.jpg

他の点では異常はなかったのですが、少し歯肉炎になっているとのことでした。
あ、この歯茎のところどころにある赤いとこは、そういう仕様ではなく炎症だったのかと心の中で唸ってしまいました。
ただ、治療するほどではないため、経過観察だけになりました。

ところで、蓮の震えですが、診察台にあがった途端にピタリと止まりました。

「ひとり」が怖かったんだろうなあと思っています。
抱っこできるようなスリングバッグなら、もしかしたら、もう少し落ち着いていられるのかもしれませんが、あれを外でやる勇気は私にはありません。
脱走とか事故とかの危険を考えたら、キャリーバッグでの外出が一番だと思っています。
お誕生日健診と予防接種で、年に2回は動物病院へ通う予定だから、早く慣れてくれればと願っています。

7091.jpg

菖、本格的な暑さがくるまえに、あなたも1度病院へ行っとこうか。

できれば、うんち持参で行きたいので、朝にトイレへ行ってくれるといいなあと話しかけています。

にほんブログ村 猫ブログへ   最近のブームは「おしっこは1日1回」 (T_T) 朝晩1回ずつにしてよおと頼み込んでいる最中です。

日常生活 | 15:04:16 | Comments(0)
もらえなかった…
あーっ、蓮くん (  ̄っ ̄) 無くなってるよ。

7078.jpg

蓮の口の中を見て、私はがっかりしました (*´ο`*)=3 少し前まで、上下4本の牙が、乳歯と永久歯がそれぞれ生えていて8本の歯並びだったんです。

用済みになったら乳歯をゲットよ (* ̄m ̄) くくく。
と、内心ワクワクしていたのに、気がついたら8本あった牙が4本になってしまっていました。

7079.jpg

ふたりの猫ズの乳歯は、たまに床に落ちているのを発見して小躍りしながら保管していましたが、ここらで打ち止めの気配です。
菖も7カ月を迎えたから、もうこれ全部永久歯だよなあと口の中を覗き込んでいます。

7080.jpg

話は変わって、私に叱られたときの猫ズの対応は、それぞれ違っていて面白いですね
( ̄∇ ̄;) いや、面白がってちゃ駄目なんだけど。

蓮の場合は、「何をやってるの?」と言いながら私が近づくと一目散に逃げ出します。

それなりに、悪いことをやっているんだという自覚があるんですね。
もう少し大人になったら、「悪いこと」をきちんと認識して、やらなくなるんじゃないかと思っています。

7081.jpg

菖の場合、「こらっ」と私に言われて動きは止まるのですが、それが遊びに直結していると、すぐに再開します ( ̄∇ ̄;) カーテンのタッセルとかレール部分の白い部品とか。

7082.jpg

ふたりがタッグを組むと、お互いに触発されるのか、「駄目だ」と言われていることに手を出すことがあります。
根気良く、言ってきかせるしかなさそうです。
昨日は怒っていたのに今日は怒らないというようなことだけはしないよう気をつけています
(* ̄。 ̄*) 一貫性だけは見失わないようにしなくっちゃ。

そういえば、この猫ズ、ゴロゴロは盛大な音を出すのですが、グーパー(甘えて、両前足をニギニギ)はしないですね。
乳児期に、猫ままに思い切り甘えられた証拠かしら?

にほんブログ村 猫ブログへ   乳歯は10本ほど保管できたのですが、菖と連の区別がつかなかったのは、ちょっと残念です (  ̄っ ̄) それと、全部の乳歯が欲しかったなあ。

日常生活 | 22:41:28 | Comments(0)
菌ってしつこい
7069.jpg

購入した、ねずみの玩具が大人気 (*´∇`*) 放り投げてやるとエンドレスで遊ぶから、その間に買ってきた食品の整理が、ゆっくりとできます。

7070.jpg

蓮のねずみを狙っている菖 ( ̄∇ ̄;) 菖、あなたにも放ってあげたでしょ? どこに飛ばしちゃったの?

7071.jpg

悪巧み企てていると、悪い顔になります。

7072.jpg

そうしていると美少女なのに (  ̄っ ̄) 菖ちゃん、変なこと考えないの。美人さんが台無しよ。

※ この辺りの親の欲目は無視してください。

7073.jpg

また狙いを定めます。

7074.jpg

この次の瞬間、蓮の一瞬の隙をついて、ねずみを奪い去ってしまいました。

7075.jpg

さすがに蓮も呆気にとられています。
さっきまで菖が遊んでいたねずみを置いてやりました ( ̄∇ ̄;) 蓮、こっちで遊んで。

7076.jpg

本日、動物病院へ猫ズのうんちを持っていきました (* ̄。 ̄*) 今回は、菖はOKでしたが、蓮のほうにらせん菌がちょっと出てしまいました。
しつこいですね。

下痢をしていないので、投薬は様子を見ることにしました。

K先生に「下痢はしていないですか?」と訊かれたとき、答えにちょっと迷いました。
仔猫のうんちって、大人猫のそれより水分が多いような気がするのですが、それは通常仕様なのかどうかで迷ったんです。

でも、一応、いわゆる下痢のようなものではないため、「下痢はしていない」と考えることにしました。

しばらくしたら、また持参する予定です。

7077.jpg

お尻が大きくなってきましたね。

にほんブログ村 猫ブログへ   この子達が1歳を迎えるまで、育児休暇が使えたらいいのにっ (  ̄っ ̄) 本気で思っています。

日常生活 | 22:53:43 | Comments(1)
お悩み相談、その後
あれ? (・_ ・) いつからそんなとこに入り込むようになったの?

7059.jpg

蓮が、壁と食器棚の間にはさまっています。
私がお休みのときは、朝からポットのコンセントを差し込んでいるから、正直、入り込み場所にしてほしくありません。

さっきまでベランダの窓から光合成してたから、暑くなって避難してきたんだと思いますが。

7060.jpg

手近な避難場所だったのね (* ̄。 ̄*) まあ、蓮は動かないコンセントを噛もうとはしないけど、一応気をつけておかないとな。
「動かない」コンセントは噛まないけど、私が作業中の「動く」コンセントには、まだまだじゃれようとします。

7061.jpg

半纏も、そろそろ洗って片付けても良さそうです。

7062.jpg

以前、記事にした菖のトイレ問題のその後です。

あの記事から1~2度、やらかしているのですが、そのたびに「次は勝つっ!!」と私は闘志を燃やしつつキッチンマットを洗っていました。

その間、ちょっと考えてみました。

私が留守のときは、きちんとトイレでおしっこできるてるし、1度きりですが、キッチンに立った私の足の甲に座り込んでおしっこしたこともあります。

そこで、おしっこの邪魔をしないようトイレに入った猫をじっと見つめたりしないというマニュアル本に書いてあるようなことを無視することにしました。

私がキッチンに入ると菖も走ってトイレに入るため、私もその場にしゃがみこんで菖を見守ることにしました。
逆効果かなとも思いましたが、トイレに入る前の菖は、私の顔を見上げて「きゃー」と鳴いてから入ります。その後、とくに嫌がる素振りをすることなくおしっこにしているため、失敗がありません
(* ̄。 ̄*) ただ、ときどき、お尻の位置が高くて、おしっこが飛び出しそうになるから、私はどきどきしますが。

7063.jpg

そういえば、陵も「見ててほしい」派だったから、菖も同じ系列かもしれない (* ̄。 ̄*) なんてことを考えたりしています。

蓮はどっちでもいいみたいだけど。

7064.jpg

あ、立った (* ̄。 ̄*) 蓮、出ておいでよ。

7065.jpg

出てきそうにない顔をしていますが、この後、「くるるっ」って鳴いて、寝ている菖へ駆け寄りました。

7066.jpg

ちょっと菖の首筋に噛みついたものの、ご挨拶のグルーミング。

菖が視線を私に送っています ( ̄∇ ̄;) 蓮が来ると、その視線が私に飛んできます。

7067.jpg

蓮は気づいているのか無視しているのかはわかりませんが。
それでも、最初の頃のように菖も唸らなくなったし、蓮もそれほどしつこくなくなったから、良好な関係ではないでしょうか。

7068.jpg

白黒のマークみたいだけど、おしい (* ̄m ̄) もうちょっと丸まってたら完璧だったのに。

にほんブログ村 猫ブログへ   ブログのタイトルを変えようと思ってはいるのですが、踏ん切りがつかなくて、まだそのままです。

日常生活 | 22:09:51 | Comments(0)
次のページ

FC2Ad