■プロフィール

和kazu

Author:和kazu
東京都在住

うちの猫
 名前  陵(りょう)
 性別  男の子
 生年月日  2000年12月16日
        -2018年1月15日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  菖(あやめ)
 性別  女の子
 生年月日  2017年9月30日
 猫種  エジプシャンマウ(ブロンズ)

 名前  蓮(れん)
 性別  男の子
 生年月日  2017年10月27日
 猫種  エジプシャンマウ(シルバー)

■FC2カウンター

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■カテゴリー
■QRコード

QR

■ブログ内検索

■RSSフィード
土曜日の光景
土曜清掃の時間帯は、猫ズが暴れまわる時間帯 ( ̄∇ ̄;) 私の動きを追って、あちらこちらに走り回ります。
そして、ときどき電池切れ。
暑さも重なって、いきなり廊下に倒れこむから、「掃除だ、掃除だ、次はトイレ~」と廊下に出てきた私に踏まれかけます。

7133.jpg

最近の菖のブームは、ソファに重ねられるクッションの隙間に入り込むことです。

3~4個のクッションがソファの上に重ねられると、そこにダイブするように飛び込んでいきます。

7134.jpg

正直、クッションが毛だらけになるから、やめてほしいとこですが、止めるとさらにエキサイトするため放っておきます。

7135.jpg
7136.jpg

満足中。

7137.jpg

菖が楽しそうにしていると、当然、蓮も来ます。

7138.jpg

ソファに飛び乗ると、菖が何やら楽しそうにしていて、しかも蓮の目の前には細くて長い、蓮お気に入りのしっぽが誘うように動いています。

7139.jpg

はい ( ̄∇ ̄;) バトルが始まるのは必然です。

7140.jpg
7141.jpg
7142.jpg

体がひと回り大きくて、男の子の蓮のほうが強いと思います。
本気を出したら、菖が敵うことはないでしょう。

7143.jpg

でも、悲鳴をあげる回数は蓮のほうが圧倒的に多いです。

7144.jpg

7月下旬には職場の夏まつりがあります。

部署毎で出店を出して、盆踊りコーナーで踊って、来賓をもてなす (* ̄。 ̄*) 大雑把に言うと、こんな感じでしょうか? いや、大雑把過ぎて違うかしら?

うちはフランクフルトを売るらしいです。

外でやるから、暑さに気をつけなくちゃなあ。

にほんブログ村 猫ブログへ   夏まつりには、カメラ持込みの許可をもらう予定です (*^_^*) たまには人間も撮ってみようかなあ、と。

日常生活 | 15:39:40 | Comments(0)
ガブリとブスリ
梅雨が明けてしまいました (*´ο`*)=3 毎年、水不足が話題になるだけに、梅雨明けがこんなに早いとちょっと心配です。
何事もなく過ごせればいいのですが。

7125.jpg

蓮も8カ月を超え、写真で見ると大きくなったなあと感じています。
毎日接していると、大きさの実感がイマイチ (* ̄。 ̄*) あれ? 最初の頃は私の両手で、どれくらいだったっけ? とか思い出すのに一苦労です。

7126.jpg

抱っこ魔はまだまだ健在。
私に飛びついてきては、両手(前足)で私の首にしがみついています。

このときに油断していると、鼻をがぶりとやられます ( ̄∇ ̄;) 甘噛みなので痛くはないのですが、そのまま許していると顎とか耳とかガブガブされて唾液臭くなるため、やんわりと拒否をしています。

7127.jpg

金曜日、帰宅するとキッチンマットにおしっこしちゃった痕跡が…… ∑( ̄ロ ̄|||) 久しぶりだわ。

菖、ここでおしっこしちゃ駄目だって言ったでしょ。

言わないつもりでいた文句を目の前に来た菖に言ってみたら、「だって、蓮のうんちがあるんだもん」と返されたような気がしました。

他に2つもトイレがあるのに、菖にも蓮にも、キッチンにあるトイレが大人気。
先に、蓮に排泄されちゃうと菖はショックらしいです。
トイレと私との間を交互に行き来して、キッチンマットを掘り、そこに座ろうとし私の止められ、また行き来し……となるため、この「行き来」の間にすばやくトイレ底にあるペットシーツを取り替えると万時OKなのですが、金曜日は間に合わなかったようです。

まあ、自分のじゃないうんちには触りたくないよねと菖の心情もわかりつつも、他のトイレも使ってねという私の心情を訴えるために、洗濯機でキッチンマットを洗濯している間、菖を撫でまわしていました。

も~、菖ちゃんたら~。

7128.jpg

菖も抱っこのために私に飛びついてきますが、彼女はそのまま私の背中へよじ登ります。
ゴロゴロスリスリと私の背中で行い、ときどき、耳をブスリと噛んできます。

甘噛みなのですが、牙が細いせいかブスリときます。そのせいか、ちと痛いです。
背中の爪のブスリと刺さります (*´ο`*)=3 もっと暑くなって薄着になったら、背中にいっぱい傷ができそうです。

7132.jpg

猫ズの遺伝子結果がでました ( ̄∇ ̄;) あれ? 設定で写真を横にしたのに、記事にはりつけたら縦になっちゃってるわ。しかも直らないわ。

一番上の猫コロナウイルスだけ+が出ています (* ̄。 ̄*) これは、うんちによる遺伝子検査なので、この病気になっているわけではありません。

猫ズのうんちがゆるいのは、これが原因です。
他に+の要素はないし、原虫がお腹にいるとわけではないため、大人になったら正常のうんちになるのではないかと思っています。
それまで、ゆるさが気になるようだったら整腸剤を服用してもいいですよとのことでした。

7130.jpg

うんちのゆるさが一番悪かった頃、我慢できなかった蓮がお布団の上で排泄しちゃったことがあったため、整腸剤を飲ませて様子を見ようと思っています。

7131.jpg

6~7月に行おうかなあと考えていた菖の避妊手術ですが、ちょっと延期になりました。

火曜日の朝に胃液を、木曜日の朝と昼間にそれぞれ吐いて、金曜日の昼間に吐いています。
火曜日の朝以外は目撃していないため、蓮の可能性もありますが、これまでの経過から見て、菖が吐いているんじゃないかと思っています。
でも、猫ズは元気いっぱい ( ̄∇ ̄;) 私が見ている前では飛び回って遊んでいるし、ごはんも食べているため、どっちが吐いているか判断ができません。

そのため延期しました。
8月頃を考えています。

どっちかわからないというのは多頭飼いの難しさですねえ (*´ο`*)=3 ぐったりしていればわかるかもしれませんが。
いや、ぐったりされていても困りますが。

にほんブログ村 猫ブログへ   この土日は吐いていません。吐くんだったら、私がそばにいるときに吐いてもらいたいんだよねえ。

日常生活 | 14:53:47 | Comments(0)
遺伝子検査へ
7111.jpg

どうして…… (* ̄。 ̄*)

7112.jpg
7113.jpg

この子は、いつもお口が開いているのかしら? (* ̄。 ̄*) 閉じていることもありますが、こちらの問いかけ時には100%開いてるような気がします。

一緒にしゃべりたいの?

7114.jpg

菖ちゃん、お食事中。

現在、猫ズの食事はこんな感じです。

朝は、ニュートロとピュリナを混ぜて10グラム (* ̄。 ̄*) 4:6とか6:4とか5:5とか、その日によって変えています。
ニュートロだけだと、蓮の食欲が落ちるため混ぜています。
でも、基本はニュートロです。

夜は、ウエットの仔猫用を30グラム食べて、その2時間後ぐらいに朝と同じようにカリカリをあげています。
3:7か2:8で、ニュートロ多めです。

そして、昼間のお留守番時間帯は、30~40グラムのカリカリを2つ用意して、私は仕事へ行きます。
割合は、1:9か2:8のニュートロ多めです。

7115.jpg

菖、美味しかった?

7116.jpg

美味しかったようです。

7117.jpg

10グラム以上は一度に食べられないし、気温が上がってからというもの、その10グラムも残しちゃう日が多いです。

留守番時に置いてあるカリカリは、夜、ペロリとなくなっていることもあれば、3/1残っていることもあります。

7118.jpg

菖ですが、先週の月曜日と水曜日の夜に吐いてしまったため、昨日の土曜日に動物病院へ行ってきました。

7119.jpg

夜のカリカリを食べると、そのカリカリだけを吐いちゃうんです。

その前後は、何も変わりなく元気いっぱい (* ̄。 ̄*) 蓮に飛び掛っていっては、悲鳴を上げさせています。

7120.jpg

体重は3.3キログラムと悪くありません。

「菖ちゃん、相変わらずゴロゴロしか聞こえてきませんね」
と、聴診器をあてたK先生を笑わせていました。

診察台にあがっている間中、甘えモード全開で、診察台でゴロンゴロンと転がり続けK先生に撫でて~とすり寄りゴロゴロ音が私にも聞こえてくるぐらい響かせていました。

7121.jpg

ちょっと脱線しますが、1週間前の日曜日、建物の消防設備点検が行われたのですが、猫ズは点検業者の長い検査器具にビビッてしまい、尻尾膨らませて逃げ惑っていました。
来訪者に対して逃げ惑うのは初めてです ( ̄∇ ̄;) まあ、「人」は目に入っていないようでした。「でっかい長い物体」を見上げるように凝視していました。

7122.jpg

話を戻します。

K先生といろいろと話して、らせん菌も消えないこともあり、猫ズの遺伝子検査を行うことにしました。
この日に持参した猫ズのうんちから検査ができます。

原因をはっきりとさせて、ピンポイント的に治療できるか、何も見つからないかの検査結果がわかるのは10日後です (* ̄。 ̄*) 何も見つからないほうが嬉しいんですけどね。
その時は、食事を見直していこうと思っています。

陵も同じような状態で、らせん菌こそなかったものの、うんちに血がちょっとついてたりといろいろとありました。
1歳を超えていたから、W/Dの療法食に切り替えたらおさまったんです。

ま、体ができていない仔猫のうちはいろいろあるさ (*^_^*) と少し長い目で見ています。

7123.jpg

蓮もごちそうさま?

7124.jpg

満足したようです (*^_^*) 残りは、夕方までに少しずつ食べていくそうです。

にほんブログ村 猫ブログへ   掃除機を「うるさいだけの物体」と判断した猫ズは、掃除機のストーカーを始めました。稼働中の最初から最後まで、前後左右から尾行しています。

日常生活 | 14:04:27 | Comments(0)
初ひとり受診2
7092.jpg

あ、菖が視線をくれてる o(* ̄o ̄)o 撮らなくっちゃ。
この小娘、なかなかカメラに向かって視線をくれないから、貴重な瞬間は逃さないようにしないと。

さて、私がここに引っ越して以来、ずーっと使用しているこのソファですが…… (*´ο`*)=3 裏側をご覧ください。

7093.jpg

背中部分に大きな穴が…… (T_T) 1週間前は2~3センチだったのに、その穴を猫ズに発見されたこの1週間で、ここまでにされてしまいました。

7094.jpg

去年の暮れからあったんです。
いつの間にできたのか気がつかなかったのですが、陵はそれをどうこうするような性格じゃなかったため放っておいたんです。

菖と蓮が来てから、ソファの穴のことなんて、すっかり忘れていました (*´ο`*)=3 思い出させてくれてありがとう。

18年使ったソファだし、背もたれ部分には陵のオケツの跡とか、下の部分には、動物病院へ連行されるのを嫌がった陵がおしっこをしてしまった跡とかがあるのですが、もう買い替え時なのかもなあ。

7095.jpg

あ、菖も来た。

7096.jpg

この穴、何? なんて顔してますが、ふたりして開けたんだろうなあ。

7097.jpg

蓮は、前回の受診時に処方されたお薬を飲み終わって様子を見ていたら、うんちが再び軟らかくなってしまったため、殺菌のフラジールと整腸のティアバクターをもう少し服用することになりました。
検査に出したうんちにも、らせん菌がちょっと出てたの。

7098.jpg
7099.jpg
7100.jpg

毛繕いもマメにするようになってきました。
うんうん (*´∇`*) 頑張れよ。ままは助かるわ。

7101.jpg
7102.jpg

たまに途中で止まっちゃいますが。

7103.jpg

そして再開。

7104.jpg

タマタマも順調に育っています。
前回の受診時にも、精巣もきちんとおりてきていることを確認しています。

7105.jpg

カウンターの上に置いたお水が好評です。
もともと、予備のお水をここに置いておいたのですが、「予備」の看板を外さなくちゃいけないかも。

7106.jpg

昨日の土曜日は、菖を連れて動物病院へ行ってきました。

7107.jpg

道中の菖は、本当に静か (* ̄。 ̄*) いや、蓮が鳴きすぎなのですが、あんまり静かだから、たまにキャリーバッグを覗いてみてました。
覗くたびに、小さな声で「きゃー」と鳴いていました。

可愛いわぁ (* ̄m ̄) ニヤけそうになる顔を、外にいるんだからと必死にもとに戻してました。

7108.jpg

その日は、残念なことにK先生がお休みだったため、M先生に診てもらいました (* ̄。 ̄*) M先生は久しぶりだわ。
この先生は、とっても慎重な先生だなという印象があります。
猫に噛まれたり引っかかれたりしないように、あまり無茶な触り方はしないし、簡単な体の向きの転換なら、飼い主に任せるという先生です。
対応は親切だし、こちらの質問には納得するまでつきあってくれるため、嫌いな先生ではありません。
でも、私は、甘えに来た菖の頭を撫でてくれるK先生のほうが好きだなあ。

体重は3.24キログラムと順調です。

7109.jpg

菖は、水曜日と金曜日にごはんをちょっと吐き戻しているため、整腸剤のビオフェルミンと、一応、抗菌のフラジールを服用することになりました。

ちょっとだけ、うんちに血も混ざっちゃうこともあります。
蓮もそうだから、体質的には似てるんだろうなあ。

7110.jpg

お薬をもらって病院を出た帰り道。
避妊と去勢手術の相談をするのを忘れていたことに気がつきました。

女の子の場合、1歳を過ぎてしまうと、将来、病気悪化の確率が高くなってしまうため、その前に手術したほうがいいとアドバイスをもらっています。
私もそれでいいと思っているのですが、本格的な夏の暑さの中に通院させるのは酷なため、6~7月初め頃はどうかなと考えていたんです。

次の土曜日はK先生がいるから、もう1回、菖を連れていこうかなあ。
まあ、菖は嫌がるだろうけど。

ちなみに、菖と帰宅したら、案の定、蓮はとても寂しい思いをしたらしく、「くるる、くるる」と鳴きながら菖の後を追い回していました ( ̄∇ ̄;) 菖がいない夜は大変だろうなあ。

にほんブログ村 猫ブログへ   マイブーム「おしっこは1日1回」は、現在、ゆるやか~に継続中
(* ̄。 ̄*) 1日2回の日もあるの。その時には、いっぱい「ありがとう」を言っています。

日常生活 | 14:07:51 | Comments(0)
初ひとり受診
7083.jpg

私を見ても、お外の鳥さんは遊びに来てはくれないのよ ( ̄∇ ̄;) 蓮くん、諦めてね。

7084.jpg

台風の影響の雨で、通勤通学の方は大変だと思います。

なーんて余裕なことを言っていられるのは、本日、私用でお休みをいただいていたからです。
おかげで、まったりな朝を猫ズと過ごしています。

7085.jpg

菖はカメラがちょっと苦手。
向けられると「悪い顔」になっちゃいます。

7086.jpg

雨が降っていますが、我が家の猫ズは通常営業。
朝から走り回っています ( ̄∇ ̄;) 私が起きると、「ごはんちょうだい」よりも「抱っこして」と交互に飛び掛ってきます。
お休みの日はいいけど、出勤日の平日は猫ズの攻撃をかわして支度をしていかなくてはいけません (-_-) 朝から、けっこうハードです。

7087.jpg

蓮は、お口パカーンして眠っていることが多いです。
カメラを近づけたから目は開けましたが、まだ半分夢の中です ( ̄∇ ̄;) 「野生」の二文字は存在していません。

そーいえば、私に怒られてるときも、少しですがお口パカーンです。
心外そうな顔をしてお口パカーンされると、こちらの怒る気力を奪います ( ̄∇ ̄;) 作戦なのかもしれません。

7088.jpg

6月2日土曜日、少し前になってしまいますが、蓮を連れて、動物病院へ行ってきました。

少し前から、ちょっと下痢気味のうんちが続いていたんです。
2週間ほど前は、お腹のゆるさに我慢できなかったのか、お布団の上で出してしまいました。
その時は、動物病院からもらっていた殺菌効果のあるフラジールというお薬を飲ませたら治まったため様子を見ていたのですが、翌週には、下痢気味うんちに戻ってしまいました。

7089.jpg

菖は初ひとり留守番で、蓮は……いや、初ひとりキャリーではなくて、初ひとり受診です。

道中に鳴かれることは想定していましたが、鳴きすぎたのか、途中で口で呼吸をし始めるのは想定外 ∑( ̄ロ ̄|||) 動物病院まであと5分という所まで来ていたので、早足で病院へ向かいました。

受付で状態を説明すると、そばにいた看護士さんが蓮の状態を確認してくれました。
少し口で呼吸はしているものの、苦しそうではなかったため、もう少し様子を見てみましょうということになりました。
続くようであれば酸素室へ連れていってくれるとのことでした。

待合室で様子を見ていると、口での呼吸はおさまったものの、体の震えが止まりません。
ただ、具合が悪くて震えているというよりは、怖くて震えているという感じです (* ̄。 ̄*) 菖と一緒のときはここまで震えなかったんだけどなあ。
途中、受付の方が様子を見てきてくれましたが、口呼吸はおさまったため、このままにしておくことにしました。

15分ほどで順番がきました。

キャリーバッグから出た蓮を見て、K先生は開口一番「蓮くん、大きくなったねえ」でした。
体重も3.48キログラムと、最後の受診から1キログラム大きくなっています。

持ってきた蓮のうんちからは、らせん菌が出ていたそうです。
ただ、だからといってがっかりする必要はありません (* ̄。 ̄*) 寄生虫が出ているわけではないため、それほどの心配はいらないそうです。

その日の朝、少しだけ、うんちに血がついていました。
これは、スマホの写真で、状態をK先生に診てもらいました。

うんちに、ゼリー状のようなものはついていませんでしたか?

と質問されたのですが、そんなものを見た覚えがないため首をかしげてしまいましたが、幸い?、動物病院への道中、蓮がまたしてもうんちをしてしまったため、ペットシーツに包まれたうんちを診てもらいました。

そうなんです (*´ο`*)=3 またしても、動物病院へ来てまずやってもらったことが、うんちにまみれてしまった蓮のしっぽの掃除とペットシーツの交換だったのです。
一応、蓮のために言っておくと、お腹のゆるさがあることにプラスして、道中の鳴きっぱなしでお腹に力が入ったんだと思われます。たぶん。

話を戻しますが、そのうんちを診てもらうと、「あ、これ怪しいな。ありますね」でした。
K先生が指すところを見ると、確かに他と部分と違うテカりがあります。

このゼリー状のものがあるということは大腸のほうの炎症なんだそうです。

抗菌作用のあるフラジールと整腸剤のティアバクター錠の投薬治療となりました。

遺伝子検査のお話もありましたが、蓮の状態は、それほどのものではないため中止にしました。

7090.jpg

他の点では異常はなかったのですが、少し歯肉炎になっているとのことでした。
あ、この歯茎のところどころにある赤いとこは、そういう仕様ではなく炎症だったのかと心の中で唸ってしまいました。
ただ、治療するほどではないため、経過観察だけになりました。

ところで、蓮の震えですが、診察台にあがった途端にピタリと止まりました。

「ひとり」が怖かったんだろうなあと思っています。
抱っこできるようなスリングバッグなら、もしかしたら、もう少し落ち着いていられるのかもしれませんが、あれを外でやる勇気は私にはありません。
脱走とか事故とかの危険を考えたら、キャリーバッグでの外出が一番だと思っています。
お誕生日健診と予防接種で、年に2回は動物病院へ通う予定だから、早く慣れてくれればと願っています。

7091.jpg

菖、本格的な暑さがくるまえに、あなたも1度病院へ行っとこうか。

できれば、うんち持参で行きたいので、朝にトイレへ行ってくれるといいなあと話しかけています。

にほんブログ村 猫ブログへ   最近のブームは「おしっこは1日1回」 (T_T) 朝晩1回ずつにしてよおと頼み込んでいる最中です。

日常生活 | 15:04:16 | Comments(0)
次のページ

FC2Ad